おっちょこちょいな日常をおくる、うるるの雑記ブログ。

石丸幹二のシアターへようこそ 第54回 2012/8/27放送

,

第54回 -まるごと1本”ミス・サイゴン”特集-

2週間お休みだった「シアター~」が通常運転に戻りました~!
あるのが当然だと思ってるものがないのは、やっぱり寂しいもので。そんな気持ちを埋めてくださるかのように、通常運転1発めは大好きな企画、1本まるごと特集!
しかも『ミス・サイゴン』なんて、ものすごいタイムリー!!
なんと偶然、今日の公演のチケットを取ってたうるなのでした~。幹二さん…本当に盗聴してませんよね!?(笑)
たっぷり『ミス・サイゴン』の世界に浸るとともに、石丸先生のプロならではの視点。いままで漫然と聴いていた楽曲が改めてすごく新鮮に感じられて、「ああやっぱり『シアター~』は素晴らしい番組だ~」ってしみじみ思いました。(みんな知ってたね。笑)

「Sun And Moon」で、最初にキムとクリスが順々に歌い継いでいくのは、まるで「お互いをもっと知り合おう、相手の気持ちを確かめよう」とするかのようだと石丸先生。そして~クライマックスで声を重ねるんです…と。なるほどー。
この解説を聴くだけで、初々しい恋の過程が伝わってくるようで何だかドキドキでした。歌割りも、ただ変わりばんこに歌ってるわけじゃなくて、ちゃんと作者の意図があって、そこを役者さんたちがきちんと理解して歌うからこそ、受け手にも伝わってくるのですね。

また他にもアラン・ブーブリルさんやクロード=ミッシェル・シェーンベルクさんばかりにスポットがあたりがちだけど、編曲を担当されたウィリアム・D・ブローンさんの功績が大きいというお話や、アジアの打楽器が多用されているというお話も興味深かったです。

いまも私の記憶の片隅に残る『ミス・サイゴン』は、やっぱり本田美奈子さんの鮮烈さ。
当時、アクシデントで足を大怪我された本田さんが1ヵ月くらいで復帰してすぐの公演を拝見したんですが、あの細い身体のどこからと思うほどの迫力、全身全霊で切々と歌い上げる本田キムに涙が止まりませんでした。
あの日もたしか、とっても暑い夏だったような思い出です。

>> スポンサード リンク <<

2012/8/27放送 第54回 -まるごと1本”ミス・サイゴン”特集-

<PLAY LIST>
①Overture/Original London Cast
②Sun And Moon/Lea Salonga, Simon Bowman
③I Still Believe/Joanna Ampil, Ruthie Henshall
④The Morning Of The Dragon
⑤I’d Give My Life For You(命をあげよう)/本田美奈子
⑥Why God Why?(神よ、何故?)/井上芳雄
⑦Bui-Doi/Peter Polycarpou
⑧Too Much For One Heart/Lea Salonga
⑨The American Dream/Jonathan Pryce
⑩カヴァティーナ/John Williams(ディア・ハンター)
⑪What A Wonderful World/Louis Armstrong(グッドモーニング・ベトナム)
⑫生命の奇跡/Libera


INDEX PAGEへ

0
>> スポンサード リンク<<
うるる

映画とミュージカルが大好きな、うるるのブログです。ご贔屓の俳優さんは、上質を知るミュージカル界の貴公子こと石丸幹二さん。私もコーヒーが大好きなのですが、1年に3回くらい派手にぶちまけて周囲から哀しい目をされます。自他ともに認めるおっちょこです。アイコンはふわふわ。りさんのイラストです。

シアターへようこそ

コメント

  1. I.H より:

    こんばんは☆
    今週の『シアターへようこそ』は久々の放送という事で、私もうるるさんのおっしゃる通り、今まであるのが当然だと思っていたものが無いのは寂しく感じていたので、その分久しぶりに石丸さんの声が聴けてとても幸せな気持ちになりました(*^o^*)
    『ミス・サイゴン』はまだ未観劇なものの、楽曲自体には思い入れがあり、家族で今回の放送に聞き入ってました。特に、私の姉は井上芳雄さんのファンなので、私の隣で興奮して聴いてました(笑)
    ちなみに私は、オリジナルキャストのLea Salongaさんの歌声に感動しました。様々なミュージカルで活躍され、来年には日本でコンサートが開かれるそうなので(城田優さんも出演されるそうですよ♪)、注目している女優さんです(´▽`)
    もうすぐ夏が終わりますが、お元気にお過ごしくださいねo(^▽^)o

  2. うるる より:

    I.Hさん、いらっしゃいませ~。コメントありがとうございます。
    ホント、毎週ラジオから幹二さんの声が聴けるということ自体がとても贅沢なことで、しかも、それがこんなに素敵な番組だなんて~、毎週の幸せに改めて感謝しちゃいますよね。
    I.Hさんはご家族とラジオを聴かれてるんですね~。ステキ☆
    私もLea Salongaさんの歌声に魅了されました。美しく、透明感にあふれてて、それでいてエネルギーが全身を駆け巡っていくようで。レミのエポニーヌもされた方ですよね?そうだ来年のコンサートって、ラミンさんも出演されるやつですよね~!うわ俄然行きたくなってしまった!!(笑)機会があったら生声もぜひ聴いてみたいなぁ~。
    I.Hさんも、体調に気をつけてお過ごしくださいね!

  3. きひろ より:

    サイゴン特集、素敵でした~(>_<)!
    私も丁度前日に劇場にお邪魔していたので、とってもタイムリーでした♪
    思ってもみなかった視点や、初めて気が付く”ああ!”が沢山で、
    本当になんて良い先生なんでしょう。
    ありがとうございます、幹二せんせー♪
    普段、舞台をぽかーんと観て聴いている私には、本当にとってもありがたいです。
    そして、ラジオを聴くと、そのとき流れた舞台の他の曲も聴きたくなって、結局月曜日から睡眠不足という、とっても危険な面もありますが~。えへへ。
    うるさんは初演の美奈子さんご覧になってるんですねー!いいないいなー!
    私は映像とCDでしか観たり聴いたり出来ないけど、生じゃなくても気迫やオーラや、美奈子さんがサイゴンに掛ける想いみたいなものが、ひしひしと伝わってくるような気がします。
    その頃の、もっともっとギラギラしていた市村エンジニアも観てみたかったな~。

  4. うるる より:

    わーい、きひろさん、いらっしゃいませ~!コメントありがとうございます。
    わぁ、『サイゴン』ニアミスでしたのね~。本当、良い先生ですよねぇ!今回の放送も、改めて噛み砕いて幹二さんの口から語られたことで、より理解が深まった気がします。同時に、いかに自分が普段ポケ~っと観て聴いてたかを思い知るの巻でした(笑)
    ああ、他の曲も聴きたくなるって、すんごいわかります~。そして、ついつい予定になかった舞台も観たくなっちゃったりしますよね~危険キケン!(笑)でも、こうして観劇を通して心がもっと豊かになるということを教えてくださる幹二せんせーに感謝せねばですね~。
    そうなんです~幸運にも初演を拝見できたんですよね~。当時ジャニっこにハマるちょっと前のスキマな時期で、なんかよく舞台を観てたかも。その頃の自分GJ!(笑)美奈子さんの圧倒的なキムは本当に何かを超越してて、とにかく凄かったですよ~!!(←ボキャ貧でごめんなさい)いまいらしたら、どんな役をされてたのかなぁ・・・と思ってしまいます。

コメントをどうぞ(コメントは承認制です)