おっちょこちょいな日常をおくる、うるるの雑記ブログ。

石丸幹二のシアターへようこそ 第31回 2012/3/2放送

,

第31回 僕のタカラヅカ・セレクション

今回は、待ってましたの宝塚特集!スポンジがぐんぐん水を吸ってる勢いな今の私にとって、このタイミングでの幹二さんセレクトの宝塚特集は嬉しかったです♪
幹二さんの初宝塚体験は涼風真世さんの『PUCK』(92年)だったそうで、私より20年先輩ですねぇ~(笑)ラウルの立ち振る舞いの勉強のために、男役を見るよう勧められたというのは、わりと有名な話ですが(あと姿勢が悪かったから背中にモノサシを入れられたとか。笑)、勉強そっちのけで見入ってたという幹二さんが可愛いかったです。
プログラム的には、幹二さんが共演された女優さんの代表曲が中心。男役の方のみなさんの歌はどれもオトコマエで。麻美れいさんの「そうだろ。」エピソードにしびれました~!幹二さんもそれぞれ共演された皆さんのお話しをしながら「カッコイイ」「オトコマエ」を連発してましたね。
後半は「人とは違う自分を受け入れながら、人生を歩むということ」がテーマ。ツイッターでフォローさせていただいてる方お2人もリクエストがかかって、そちらでも嬉しい回でした♪

2012/3/2放送 第31回 僕のタカラヅカ・セレクション

>> スポンサード リンク <<

<PLAY LIST>
①愛あればこそ/日向薫、毬藻えり、涼風真世(ベルサイユのばら)
②白い花がほほえむ/初風淳(ラムール・ア・パリ)
③さよならは夕映えの中で/麻実れい(風と共に去りぬ)
④愛と死の輪舞/一路真輝(エリザベート)
⑤ひとかけらの勇気/安蘭けい(THE SCARLET PIMPERNEL)
⑥世界のどこに/Richard White(PHANTOM)
⑦I’m not that girl/Idina Menzel(WICKED)
⑧愛して ありのままの私を/Alice Ripley, Emily Skinner(SIDE SHOW)
⑨Que Sera Sera/Doris Day
⑩Don’t Give Up/Peter Gabriel, Kate Bush


INDEX PAGEへ

0
>> スポンサード リンク<<
うるる

映画とミュージカルが大好きな、うるるのブログです。ご贔屓の俳優さんは、上質を知るミュージカル界の貴公子こと石丸幹二さん。私もコーヒーが大好きなのですが、1年に3回くらい派手にぶちまけて周囲から哀しい目をされます。自他ともに認めるおっちょこです。アイコンはふわふわ。りさんのイラストです。

シアターへようこそ

コメントをどうぞ(コメントは承認制です)