おっちょこちょいな日常をおくる、うるるの雑記ブログ。

石丸幹二のシアターへようこそ 第7回 2011/5/20放送

,

第7回 男の歌声、女の歌声

今回のテーマは男の歌声、女の歌声。男性の歌と女性の歌を交互にかけて進めていく構成で、”ミュージカル紅白”でした。聴いてて楽しかった~!言われてナルホド、確かに女性はたくましく力強い感じ、男性はナイーブな感じでしたね。うる的には絶唱コーナーが最高に燃えました!!(笑)幹二さん曰く「鳥肌が立って涙が出た」という『Ragtime』のデュエットもステキだったなぁ。いつも思うんだけど、幹二さんが観た舞台について楽しそうにお話されてるのを聞くと、感化されて「うぉー、それ観てぇ~!!」(言葉が悪くてゴメンナサイ!)ってなっちゃう。これからも幹二さんが触れた極上のエンタメたちを色々教えて欲しいなぁと思います…φ(◎。◎‐)メモメモ。

2011/5/20放送 第7回 男の歌声、女の歌声

<PLAY LIST>
①I Got Sun In The Morning/Ethel Merman(アニーよ銃をとれ)
②Singin’ in the Rain/Gene Kelly(雨に唄えば)
③Bring Him Home/Colm Wilkinson(レ・ミゼラブル)
④With One Look/Glenn Close(サンセット大通り)
⑤Gethsemane/Steve Balsamo(ジーザス・クライスト=スーパースター)
⑥Defying Gravity/Idina Menzel(Wiched)
⑦Wheels of dream/Brian Stokes Mitchell,Audra McDonald(Ragtime)
⑧アヴェ・マリア(カッチーニ)/石丸幹二


INDEX PAGEへ

>> スポンサード リンク <<
0
>> スポンサード リンク<<
うるる

映画とミュージカルが大好きな、うるるのブログです。ご贔屓の俳優さんは、上質を知るミュージカル界の貴公子こと石丸幹二さん。私もコーヒーが大好きなのですが、1年に3回くらい派手にぶちまけて周囲から哀しい目をされます。自他ともに認めるおっちょこです。アイコンはふわふわ。りさんのイラストです。

シアターへようこそ

コメントをどうぞ(コメントは承認制です)