おっちょこちょいな日常をおくる、うるるの雑記ブログ。

映画『SING/シング』

4月に突入しましたねー。2017年もアッという間に4分の1が過ぎてしまってドキドキですが、これからの楽しみごともたくさん控えているので、春の訪れカモーン!な、うるるです。

今日は映画『SING/シング』を観てきました。本当は、お花見にでも行こうか?と、相方ちゃんと予定を立てていたのですが、「雨が降って真冬の寒さ」という天気予報にすっかり怖じ気づいてしまい、お花見の予定を映画にチェンジ。ところが、いざチケットをリザーブしようと思ったら、都内上映館のいい時間帯は軒並み激コミで、前方席しかあいてない状態でした。うっひゃあ。世の中が春休みで、今日が1日=「映画の日」ということをすっかり忘れいてたのでしたー。『SING/シング』がヒットしてることは知ってたけど、呑気に前日夜なんかにチケット手配しようとしてしまい、大変失礼しました…!

作品について

【STORY】
映画『SING/シング』は、『怪盗グルー』シリーズのイルミネーション・エンターテインメント作品。経営不振の劇場を立て直そうと、歌のコンテストを企画した、コアラの劇場オーナー、バスター・ムーン。事務員のトカゲ、ミス・クローリーのミスで「賞金10万ドル」と書かれたチラシが街中にばらまかれ、コンテスト参加希望者が劇場に殺到!そこに、極度のあがり症で人前で歌うことの出来ないゾウのミーナ、ブタの専業主婦ロジータ、ギャングの父親に逆らえないゴリラのジョニー、パンクロックを愛するヤマアラシのアッシュ、プライドの高いネズミのマイクら、個性的なメンバーたちがいた。彼らはそれぞれに新しい一歩を踏み出そうと参加するが…。

【CAST】 ※( )は日本語吹替版
バスター・ムーン:マシュー・マコノヒー(内村光良)
ミーナ:トリー・ケリー(MISIA)
アッシュ:スカーレット・ヨハンソン(長澤まさみ)
ジョニー:タロン・エガートン(大橋卓弥 スキマスイッチ
グンター:ニック・クロール(斎藤司 トレンディーエンジェル)
マイク:セス・マクファーレン(山寺宏一)
ロジータ:リース・ウィザースプーン(坂本真綾)
ミス・クローリー:ガース・ジェニングス(田中真弓)
エディ:ジョン・C・ライリー(宮野真守)
ナナ・ヌードルマン:声 ジェニファー・ソーンダース/歌 ジェニファー・ハドソン(大地真央)

【STAFF】
監督:ガース・ジェニングス
製作:クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー
脚本:ガース・ジェニングス
エンディングソング:スティービー・ワンダー、アリアナ・グランデ

ゆるゆるな感想

吹替版で鑑賞。もう気持ちよく楽しんできました~!想像通りのハッピーエンドで、期待通りにそれぞれの登場人物が個々の悩みを克服して、観客の「こうなったらいいのになぁ・・・」という思いを1ミリも裏切らないで突き進んでくれるストーリー。逆にそのド直球が潔くて気持ち良い!最後の野外ライブは最高のエンターテイメントショーで、爽快な気分で劇場を後にしました。何となく「天使にラブ・ソングを」に通じるものがあるかも。観た人だれもがHAPPYになれて、ファミリーで楽しめる作品と思います。楽曲もGOOD!特にゾウのミーナちゃんが歌う「Hallelujah」「Don’t You Worry ‘bout A Thing」が素晴らしかった。

 

>> スポンサード リンク <<

 

 

個人的にはひたすら前向きな主人公のバスターのキャラクターがお気に入りです。どんどん進んでいく彼の姿に元気をもらいました。
一度どん底まで落ち込んだバスターがゼロからやり直そうと決意して洗車を始めるんだけど、その洗車の姿が予想を大きく裏切ったもので「ええ~っ?」って脱力させてくるところもニクイ演出で。バスターの夢のために父親が洗車をして稼いでくれたという素敵なエピソードがあったので、泣かせてくるのかと思いきや、オモシロ可愛いすぎました。その姿は劇場で(笑)

狙って吹替版にしたわけではなかったんだけど、山ちゃん(山寺宏一さん)や真綾ちゃんがキャストに入っててお得感満載でした♪歌うっていいなー。歌の力ってすごい。何だか、私も思いっきり大きな声で歌ってみたくなっちゃいました。下手っぴぃだけど(あほ)

1+
>> スポンサード リンク<<
うるる

映画とミュージカルが大好きな、うるるのブログです。ご贔屓の俳優さんは、上質を知るミュージカル界の貴公子こと石丸幹二さん。私もコーヒーが大好きなのですが、1年に3回くらい派手にぶちまけて周囲から哀しい目をされます。自他ともに認めるおっちょこです。アイコンはふわふわ。りさんのイラストです。

cinema

コメントをどうぞ(コメントは承認制です)