OCNモバイルONEに乗り換えました。その2.

即日受付カウンターで即日つまずきガックリの巻

3月1日、ついにdocomoの2年縛りが解け、MVNOへの乗り換えを決意! → SIMカードの購入をすることになったうるるさん。

このような流れで乗り換えました。

  1. OCNモバイルONEのホームページからSIMを購入
  2. SIM到着 → 自力で交換
  3. 自力で設定 → 開通

 

当初は自力で交換するつもりはなく、即日受付カウンターにお願いしようと思ってたんです。都内だとビックラカメラやゲオの店舗も多いし、その日に済ませられる+設定もしていただけるならば、楽で良さそう。

とはいえ、即日受付カウンターに手ぶらでフラッと行ってもダメで、ちょっとした準備が必要でした。

私は「今使用中のiPhoneを使う」に加えて「今までの電話番号も引き継ぎたい」という希望もあったので、絶対に必要なのが

[ul type=”bd” icon=”check”]MNP(携帯電話番号ポータビリティ)予約番号[/ul]

 

というヤツでした。これは乗り換え前のキャリア=docomoから取得しなければいけないものです。
その他、こちらの用意も必要です。

[ul type=”bd” icon=”check”]本人確認書類(顔写真付)
クレジットカード
メールアドレス[/ul]

 

私は運転免許証を持ってないのでパスポートを持参。MNP番号は当日の朝にMy docomoから取得して、いそいそとカウンターに向かいました。朝10時のビックラカメラはカウンターがガラ空きでした!わーい。

ところが・・・カウンターに行くと、担当のお兄さんにニッコリ笑顔で「パスポートの他に補助書類が必要なんですが、お持ちですか?」と尋ねられたのです。

「ナヌ!ぱ、パスポートだけじゃダメなんですか?」
「申し訳ありません。住民票とか、公共料金の領収書ですとか、プラスで必要なんです」
「・・・・!」

これまでパスポートで大抵のものが申請できていたので、何も疑わずパスポートしか持参してこなかった、うるるさん。「今から役所で住民票取ってきます!」とも「今から自宅に戻って水道料金の領収書探してきます!」とも言えず(てか、そんな時間の余裕もなく)「でっ、出直してきますね…」と、スゴスゴとカウンターを後にしたのでした。

よくよく確認したら、公式ホームページにもちゃんとそのことが記載されてました。がーん。

 

 

ちなみに補助書類の記載はこちら

 

ツメが甘くてハズカチイ。つづく。

[box type=”point”]行き当たりばったりじゃなくてトリセツは隅々読みましょう(涙)[/box]

OCNモバイルONEに乗り換えました。その3. →