おっちょこちょいな日常をおくる、うるるの雑記ブログ。

神よ!今がその時、力あたえて

, ,

『ジキル&ハイド』東京千秋楽おめでとうございます。
ついにこの日が来てしまいましたね。タイトルロールとして、座長として、本当にタフな1ヶ月を頑張りぬいた幹二さん。本当に本当にその頑張りに頭が下がります。そして、こんなにも素敵なジキル、こんなにも素敵なハイドで、たくさん魅了してくださったことに感謝でいっぱいです。ありがとう、幹二さん!ぎゅーってしてもいいですか?(ダメです。)

私も、この1ヵ月間、「うるちゃんどうしちゃったの?」って皆さんに思われるくらいの勢いで応援できて、満足です。たぶん別の人格が生まれ出てきたのかと思う~(笑)でも石丸幹二ファンとして、ここでエールを送らずにいつ送るの?ってモードだったんですよね…。ほんの少しでも、幹二さんに届いていたら嬉しいのですが。

昨日の公演について書きたいことは山ほどあるのですが、いまは時間がないので、千秋楽の感想と合わせてゆっくりじっくり書きますね。(ごめんなさい!)

昨日はとにかく一場面一場面が熱くて、すべてがパワフルでした!
「知りたい」がのっけからガツンときて、「Alive」は最高にカッコ良かった!!!
ひとつひとつのセリフも気持ちがほとばしっていて、「おやすみ、父さん」の決意をこめた言い方、「来ないと思った?」の甘えたな可愛らしさ、「自由だ!」の感情の爆発、「エマ、愛してる」の想い、そして「あいつにあって俺にない物は何だ?」憎悪と哀しみ…すべてのセリフに完成形を観た気がしました。あとルーシーへの「嘘だ」が個人的にキャーー!な方で嬉しかったのはナイショです≧∀≦

ちょこっと気になったのは、熱すぎるあまり、幹二さんの芝居が走りすぎてたかなぁ…ちょこっとだけね。何者かに憑依されてて、もう無我夢中だったのだと思うのですが。今日は全体的に速かったよね、とTwitterでフォロワーさんとも話してました。時々、鼻息をぶるぶるん言わせながらガンガン走るお馬さんを「どうどう」ってしてあげたい気持ちに(笑)特に一幕。うるが気になったのは、変身シーンかな、ちょっと慌てた感があったような。全体的にはハイドが乗り移った塩ちゃんのせい?でもあったのかもしれませんね。って、こちらも何度も観てるから「ちげーよ、いつも通りだよ!」だったらゴメンナサイ><!

>> スポンサード リンク <<

でも、昨日は一幕ラストの♪エドワードハーーーイド!を、果敢に上の音で歌われて、あまりのカッコ良さに心の底から惚れました~(涙)。超個人的なことだけど、下げて歌い始められた日が、最前列ど真ん中で観ていた日だったのです。だから、ずっとずっとそこの箇所にさしかかると胸が痛かったの。もちろん下を歌われてもハイドの凄味は充分響くし、何ら問題はないのですが、ここにきてまた戻してくるという幹二さんの心意気がまさに「漢」だなぁって。
幹二さんの喉って、使わないよりも使った方が調子がいい喉だけど、使いすぎるとどこかで地雷を踏んでしまう、困った子なんですよね。でも地雷覚悟で挑んでくるところが本当に素敵すぎる。ぎゅーってしてもいい?(だからダメですってば!)

あ、時間がないので~と言っときながら、こんなに書いちゃった!!(笑)
そんなわけで、東京公演ラスト、30公演めを見届けてきます。行かれない方のぶんの気持ちも連れて、客席から最大級のパワーを送ってきますね。

初日にも書きましたが、改めて。キャストの皆さんも、スタッフの皆さんも、お客さんも、ジキハイに携わったすべての人が、「この作品に出会えて良かった」と、自身の”誇り”と思える公演になりますように…。
神様、どうか幹二さんに力をお与えください。

0
>> スポンサード リンク<<
うるる

映画とミュージカルが大好きな、うるるのブログです。ご贔屓の俳優さんは、上質を知るミュージカル界の貴公子こと石丸幹二さん。私もコーヒーが大好きなのですが、1年に3回くらい派手にぶちまけて周囲から哀しい目をされます。自他ともに認めるおっちょこです。アイコンはふわふわ。りさんのイラストです。

マルmemo.

コメント

  1. あんこ より:

    ここ一週間ほどひそかにうるるさんの熱い記事を同じく熱い気持ちで読ませていただいておりました。私は各国盤のサウンドトラックを7枚持っているjekyll and Hydeマニアなのですが、今回の石丸さんのジキルは歌・演技共に歴代のジキル役の中でもトップ3に入る素晴らしさだと思います。(ひいき目じゃないつもり。)
    私は2回しか見ることができませんでしたが、私の分まで今日はどうか客席から熱い応援をしてらして下さいね!
    千秋楽のレポートも楽しみにしております。

  2. うるる より:

    あんこさん、はじめまして!こんなへっぽこブログに足をお運びいただいて、ありがとうございます。
    そして、なんて嬉しいお言葉…!石丸ファン冥利につきます…うう(涙)あんこさんは、海外のJekyll and Hydeにもお詳しいんですね!7枚…すごい!私もこんなに素晴らしいミュージカル、何故もっと早くその魅力に気付かなかったのだろうと後悔しきりです。幹二さんがラジオで紹介されてましたが、海外キャストの方々も素晴らしい歌声ですよね。
    千秋楽、幹二さんは一つ一つを丁寧に噛みしめるように演じ、そして熱く激しく、素晴らしい舞台でした!あんこさんや皆さんの魂、しかと受け取り、一緒に送りましたのできっと幹二さんにも届いたと思います。改めてレポしたいと思いますので、良ければまた遊びにいらしてくださいませ~。

  3. あんこ より:

    わあ!お返事ありがとうございます!嬉しいです!そして千秋楽の熱いレポートもありがとうございます!舞台側と客席側の相思相愛な様子をひしひしと感じながらじっくり拝読いたしました。素晴らしいキャストとスタッフに大喝采を送りたいです。早くも再演が待ち遠しいですね。私はGOLDで初めて歌う石丸さんを拝見したのですが、劇団四季の時に見ればよかったと悔やまれてなりません(^O^;)。
    海外のジキハイは各国それぞれ特徴があって素晴らしいのですが、なんとなく、ハイドに変わった時の恐ろしさと勢いを引き立たせるために、ジキルの役作りを必要以上に静かで良い人に仕上げて演じてしまっていて物足りないと感じるバージョンがいくつかありました。ハイドの元となっているのはあくまでもジキルであって、ジキルの中には燃えたぎるような怒りや虚しさや情熱が混沌と常に胸にうずまいているはずなのに…と思っていました。なので、石丸さんがどこかのインタビューで「僕のジキルは良い人じゃない」とおっしゃった時に「時が来た~!待ちわびた時が~!♪」と思いました(笑)。♪I Need to Knowで石丸さんが見せてくれたような、使命感に燃えすぎて気付かないうちに常軌を逸した研究者の雰囲気こそ(このナンバー素晴らしかったですね!)、まさにジキル博士だと思います。特に理事会メンバーの前で「人を一人僕に下さい。」と、ごく自然に当然のようにサラリと言った時の涼しげな顔は鳥肌ものでした。それ以外でも、全編通して細かい台詞と動きの一つ一つがすべてジキル博士そのもので、もう、本当に「待っていた!!」という感じです。世界中のJekkies(欧米ではジキハイのファンをこう呼ぶそうです)に見せたいです!「どうよ!!」って(笑)。
    ごめんなさい。熱くなりすぎて書きすぎました(^O^;)。ぜひまたおじゃまさせていただきますね。これからもよろしくお願いいたします!
    P.S. 前に石丸さんがラジオでも紹介されていたようですが(と、うるるさんの記事で拝見しました/笑) Anthony Warlowというオーストラリアの俳優さんがジキルとハイドを演じたバージョンは、誰よりも先にこの役を演じただけあって素晴らしいのでお勧めです♪石丸さんのジキル&ハイドと通ずるものがあるように思います。

  4. うるる より:

    あんこさん、こんにちは~!お返事が遅くなってしまってごめんなさい!
    千秋楽の様子、つたない文章で恐縮です~。少しは伝わりましたでしょうか?(汗)本当、まだ地方公演は残っているとはいえ、再演を願ってしまいます。
    いえいえ、熱いコメント大歓迎ですよ~!!確かに幹二さんの「僕のジキルは良い人じゃない」については、自分がジキルを演じるにあたっての、初めからのしっかりとしたビジョンだったようで、もしかしたら幹二さんも、あんこさんと同じように海外のジキハイなどに触れて、以前から思うところがあったのかもしれないですね。(あんこさんの「時が来た~!」にウケてしまいました。笑)
    私も冒頭で折れない強い信念や使命感を歌う石丸ジキルの「I Need to Know」は本当に素晴らしいと思ってて、いつもぐっと心に響きます。あのジキルを最初に見せてくれるからこそ、後半の苦悩やハイドとの対峙に説得力が増すのだと思います。この作品、意外とハイドの役作りより、ジキルの役作りの方が肝なのかもしれませんね~。
    そうそう、あんこさんのコメントを拝読してAnthony Warlowさんの歌声が聴きたくなって、「シアターへようこそ」を聞き直してみたんですよ!一曲だけでも本当に素晴らしいことが伝わってきました!海外版の聴きくらべもいろいろ発見がありそうです。Jekkies(←さっそく使ってみました♪笑)の先輩として、これからもよろしくお願いいたします~♪

  5. あんこ より:

    出張を終えて久しぶりにお邪魔したらご丁寧に返信が!ありがとうございます(^o^)!Anthony Warlowのナンバーをわざわざもう一度聴いて下さったなんて嬉しいです!
    >この作品、意外とハイドの役作りより、ジキルの役作りの方が肝なのかもしれませんね~。
    確かに!。___φ(゚▽゚*) その通りかもしれませんね!
    役を自分に引き寄せる俳優さんもいて、それも全然悪くはないけれど、私は石丸さんのように研究してご自分が役に近づこうとする俳優さんの方が断個人的には好きです。あの役もこの役も、これから石丸さんが演じられたらきっと素晴らしいだろうと思うものがたくさんあります!
    大阪公演満喫していらして下さいね!
    こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします☆

  6. うるる より:

    あんこさん、こちらこそコメントありがとうございます~♪
    いえいえ、あんこさんのおかげでAnthony Warlowさんの歌声を聴いたり、シアターを振り返って聴いてみたことで、私なりに多くの収穫があったので、むしろきっかけを与えてくださってありがとうございます!と感謝の気持ちです~。
    昨晩、大阪公演を拝見しましたが、幹二さん、ジキル役、ハイド役がすっと身体に入り込んで馴染んでいる印象でした。アフタートークでもおっしゃってましたが、今がちょうど「熟したチーズ」みたいな状態なんだそうです!(笑)私も幹二さんの研究した上での役作りが好きです。ときどき試しすぎてアラッ?ってなるところも含めて(こらこら。笑)。また遠征から帰ったら、感想などをご報告しますね!

コメントをどうぞ(コメントは承認制です)