おっちょこちょいな日常をおくる、うるるの雑記ブログ。

ミュージカル『ジキル&ハイド』(3/18 matinée)

, ,

うっかりしてましたが、東京公演は17日が中日だったんですね!
あっという間でびっくりです。東京楽まであと10日、13公演。五合目を越えて、これからがいよいよキツイところだと思いますが、今がふんばりどころ。ちゃんと下でがっしり支えてますから、大きな気持ちで高みを目指していってくださいね、幹二さん。
うるのエールも、幹二さんのペースに何とかついて行けてますかね~?時々ちょこっと横着したりとかしてますがf^^;まだまだ頑張ってついて行こうと思います!ちなみに、この期間早退気味に会社を出るのが申し訳ないので、自主的に始めた始業時間の30分前出勤も、今のところ欠かさず続いてます~。愛の力ってすごい≧∀≦!(笑)

さてさて、昨日のマチネです。
昨日のハイドは今まで積み上げてきたものを、ものすごく気持ちよくぶっ壊してて(笑)「うわ~っ!面白い~!」って思いながら観てました。わざとそうされたのか、それとも演じてるうちに幹二さんの中からとうとうハイド的な部分が生まれてきたのか?出たとこ勝負というか、本能のままというか、そんな風な印象。まさに、自分の意思を離れて勝手に動き回り暴走してるハイドを見た気がします。頭の中でいろいろ考えてた役作りから解放されて、そのまま自分の中のハイドを引っ張りだしたらこうでした、っていう感じ。
逆にぶっ壊れたハイドを、ぜんぜん動じずに受けとめてるカンパニーの皆さんにすごい感心してしまいました!ジキハイカンパニー、結束感ありますよね。通ってるうちに、お1人お1人にすっかり愛着がわいちゃってます。

昨日は1階の中ほどの列で、オペラが使える最後のチャンス席だったので、ここぞとばかりあれこれロックオンしてたんですが(うふ♪)、「事件、事件」の中で街の人が「生きてることに感謝」と言いながら不安でいっぱいの表情を浮かべているのをハイドが橋の上から見下ろしてるシークエンスでは、ものすご~~く邪悪な顔で笑ってるのが見えて、心底怖かったです~><。あんな顔されてたのね。あと1幕ラストでクッククック笑うの混ぜるのは、ほんと怖いからやめてください~><。(笑)

>> スポンサード リンク <<

印象的だったのは、ヘンリーが書斎で言う「やらなければ、父のためにも。」というセリフ。すごく想いがのっててぐっときました。冒頭から父親への想いをすごく丁寧に演じてましたよね。書こう書こうと思ってなかなか書けずじまいだったんですが、最初の「おやすみ、父さん」というセリフ、そこからの「♪知りたい」。すごく好きです。幹二さんのヘンリーはいわゆる善人キャラではない、というものの、やはり周囲の人のために尽力したい、という基本線はここでカチッと見せてくれて、アターソンの言葉じゃないけど、こんな風に人のためを思ってやったことなのに「まさかこんな事になるなんて…」と思わずにはいられません。
ところで、うるさんヘンリーのお家でメイドとして働きたいと思ってるのはナイショです。ご存じの通り、とんでもなくおっちょこちょいなので、プールにめちゃ叱られるのもコミで~。花王さんにガミガミ言われたい≧∀≦(笑)

というわけで今夜もお邪魔してきます~。明日はお邪魔できないので、明日のぶんも中盤戦お疲れ様でした~の拍手をたくさんしてきたいと思います。終演後は幹二さん居ないけどアフタートークショーもあるんですよね。たぶん動画も上げてくれると思うけど、何か面白いエピソードがあったらご報告しますね。あと、個人的にはミッションを遂行できたらいいなぁ!!畠中さんっ!!(笑)

0
>> スポンサード リンク<<
うるる

映画とミュージカルが大好きな、うるるのブログです。ご贔屓の俳優さんは、上質を知るミュージカル界の貴公子こと石丸幹二さん。私もコーヒーが大好きなのですが、1年に3回くらい派手にぶちまけて周囲から哀しい目をされます。自他ともに認めるおっちょこです。アイコンはふわふわ。りさんのイラストです。

マルmemo.

コメントをどうぞ(コメントは承認制です)