おっちょこちょいな日常をおくる、うるるの雑記ブログ。

ミュージカル『ジキル&ハイド』(3/17 matinée)

, ,

17日マチネにお邪魔してきました!
何かが幹二さんに乗りうつったんじゃないかしら?って思うような、素晴らしいジキルとハイドでした。何度も観てるはずなのに、ぐわーーっと物語にのめり込んで興奮している自分がいました。ため息しかでてこなかったです。はふー。

カーテンコールの幹二さんの様子からも充実感が感じられて、昨日は両手のガッツポーズと投げチューが出ちゃいましたよー。きたー!先週のソワレで投げチューしたとお聞きして「えっ、いいなぁ。ずるーーい!」って思ってたけど、許してあげます♪(←何者っ?笑)あのカーテンコールでのキラキラの笑顔を見ると、本当に幸せになりますよね。

とにかく幹二さんの歌声がめちゃめちゃパワフル!この作品にすごく乗ってるのを感じさせてくれます。ランナーズハイじゃないけど幹二さんも演ってて気持ちいいんだろうなぁって。あ、それをトランス状態というのかな。
♪エドワードハーーーーイド!!を2回とも力まずスコーンと出してて、気持ち良かった。「苦悩2」もドラマティックだったなぁ…好きすぎて泣いてしまう。(ところでどうして「苦悩」じゃなくて「苦悩2」なんでしょう。別バージョンの方に「苦悩1」があるのかな?)でも、あの場面、こないだchawanさんとツッコミ大会になった時にも出てきたんだけど、善と悪を分離する薬は長年の研究の末に出来たはずなのに、ハイドを封じ込める薬は薬屋さんから貰ってきた薬をそのまま水に溶かすだけで、結構ずさんだよね!(笑)。しかも薬の量も目分量だし(笑)

昨日のヘンリーは、15日に顔をのぞかせていた甘えたさんが抜けて、最初の週ほどではないけれど少しまた硬質な部分が戻っていたように思いました。理事会での怒り、その後の展開の伏線を感じさせてくれます。
ハイドは15日に観た時も思ったのですが、吠えるところはガンガン行くけど、引く部分では、もっとぐっと引くようになってきましたよね。こちらは盛り込むだけ盛り込むところから、良い部分を残して引き算が始まってきた感じ。「ルーシー、ルーシー」「また俺に会えて嬉しいだろう」の言葉、ただ彼女に執着してるだけではなくて、またちょっと違う感情が混ざってきたような気がします。あと、1幕のクライマックスが本当に凄みを増してて、夢にでそうで本気で怖いです。いや、夢に出てくれたら大歓迎ですけど(←ドM。)あそこで司教様に油を撒くシーンが異常に好きな私です♪(←マニアすぎです。笑)

>> スポンサード リンク <<

「Dangerous Game」が背徳の香りプンプンで、ますます凄いことになってました~!あえて大きな吐息を聞かせるようにしてるのは効果なんだろうけど、ゾクゾクきます~。幹二さんも絶好調だったけど、めぐも絶好調で右肩あがりですよね。ほんと2人の息のあった歌声がたまりません。
エマとのシーンもとても良かったです。ジキルが実験室で言う「エマ、愛してるよ」の一言にいろいろな思いがこもってて、昨日は特にぐっときました。昨日の玲奈ちゃんもすごく良かった!可憐なお嬢様だけど芯のある強いエマと、底辺で生きているけど純粋で可愛いルーシー。よくできた脚本だなぁ。図らずもジキルとハイドに関わってしまった2人の愛がせつなくて、彼女たちが光るほどジキル(ハイド)の運命が哀しく照らしだされます。

あっ、ほかにも書きたいこといっぱいあるんだけど、時間切れになっちゃったー。そういえば、どうしてハイドは理事の皆さんだけでなく、エマとルーシーまで手にかけようとしたのか、自分なりに思ったことを書いてなかったですよね、後でちゃんとまとめて書ければ。(って、ひっぱってるわりには大した結論じゃないのでゴメンなさい。^^; )
今日も客席から精一杯応援してきます~♪

0
>> スポンサード リンク<<
うるる

映画とミュージカルが大好きな、うるるのブログです。ご贔屓の俳優さんは、上質を知るミュージカル界の貴公子こと石丸幹二さん。私もコーヒーが大好きなのですが、1年に3回くらい派手にぶちまけて周囲から哀しい目をされます。自他ともに認めるおっちょこです。アイコンはふわふわ。りさんのイラストです。

マルmemo.

コメント

  1. ぴっぽっぽ より:

    いつもありがとうございます。
    ほんととっても素敵な作品ですよね~♪
    おそらくキャストさんと私たちのそれぞれのその日の感情によって、いろいろと違う感覚が観ていてあるんでしょうね。
    なんか毎回毎回あらたな発見もあって、とってもうれしいです(*´∀`*)
    あっという間に東京は半分終わっていて、なんかとっても残念ですけど・・でも、一回一回を大切に観ないとですよね~。
    Dangerous Game あまりにも・・・で、そのうち、指の間から観ていそうです(^^ゞ

  2. うるる より:

    ぴっぽっぽさん、お返事が遅くなってしまってごめんなさい~。こちらこそ、いつもありがとうございます♪劇場でぴっぽっぽさんが私を見つけて声をかけてくださると、嬉しくてニマニマしちゃってます。
    本当に素敵な作品ですね~観れば観るほど「♪知りたい~」っていう気持ちに駆られます。そうなんですよね、あっという間に半分終わっちゃったんですよね、しくしく。でもこんなに無茶な公演スケジュールのなか、幹二さんはすごい!あの全身全霊のパフォーマンスに、感動がとまりません。「Dangerous Game」エロすぎですよねぇ~、私はすでにエア指(?)の間から観ております(爆)

コメントをどうぞ(コメントは承認制です)