おっちょこちょいな日常をおくる、うるるの雑記ブログ。

『GOLD~カミーユとロダン~』初日

, ,

昨夜『GOLD~カミーユとロダン~』初日を観てまいりました~!!

…の前に~。実は私、先月末に髪をバッサリと切ったのですが(15センチくらい?)、すっかりお知らせするのを忘れてまして、劇場でお会いした皆さまを驚かせてしまってゴメンナサイでした~(笑)さんざん他所で「えぇ~っ!!」って言われ尽くしたので、もうとっくに終わった気でいたのでした♪ワタシ的には手入れが楽ちんだし少々気分転換ができたのが嬉しいのですが、幹二さんがグッとくるという例の”髪をファサ~~”が出来なくなってしまった事だけが、ちょっとだけ悔やまれてショボン(・ω・`。)

っと、話が横道にそれちゃって失礼しました。本題は『GOLD』です。
いやぁ、なんかもう凄まじい…観終わってグタ~ってなってしまうくらい疲労感を覚えた舞台でした。あ、もちろん良い意味です!上手い言葉が見つからないのだけど、舞台上からかかる「圧」がものすごく強いのです…。客席でふんばってないと押しつぶされるような勢いでした。息が詰まって、胸が苦しかった。でもラストに確かな答えがありました。
カミーユを演じる新妻聖子ちゃんの全力ぶりがすごい。それを受けとめる石丸ロダンの葛藤も痛くてヒリヒリする。昨日の記事にも書いた通り、なるべく知識を入れないようにして真っ白な状態で観たのですが、ああそうか、2人の愛はこういうカタチでぶつかりあっていくんだ…と心臓をぎゅーぎゅーさせながら観てました。

舞台全体が大理石だったり、衣装のベージュだったり、乳白色の優しい色に包まれているなか、カミーユの衣装だけが赤くて、大輪の薔薇のようでもあり、たぎる情熱のようでもあり、そんなところも印象に残りました。

幹二さん演じるロダンは女子視点から見るとちょっと悪い奴…?(笑)でも彼に焦点をあてると、芸術家として、男として、自分の気持ちに忠実な人なんだろうなと思いました。人間の業や裏に抱える弱さや陰…それらと光のあたる部分をひっくるめて、とても人間くさい。愛も深い。
幹二さんが歌う楽曲はどれも良かったです…!いまのところは耳なじみのある「震える男」がやっぱり素晴らしくて大好きなんだけど、何度か見ると変わってくるかもしれないな、ってくらい、どの曲も良かった。早くまた劇場で聴きたいです~。
あと個人的には老けロダンな幹二さんが大好きかも。前半のドキドキセクシーもいいんだけど、老いて枯れてるテイが私にはたまらんかったです~(←マニアか!笑)

1208-2011.jpg上演時間は思ったよりも長かったです。

>> スポンサード リンク <<

一幕 7:00~8:20
休憩 20分
二幕 8:40~9:55

開演時間よりもちょい食い気味に始まりますので、お席での携帯OFFやらチラシのガサゴソは慌てないように余裕を持ってやっておいた方が良いかもです~。

そしてパンフは絶対買いですよ、奥さんっ!幹二さんの写真がカッコよすぎて困りはてる≧∀≦(笑)
2000円で1500円のパンフを買って、お釣りの500円を売店の横に置いてある東日本大震災の募金箱にチャリンと入れるとよいと思う~。(うるはそうしてみました^^)

そうそう、昨日は客電がついてからも拍手鳴り止まずで、それに応えてキャストの皆さんが出てきてくださったんですが、幹二さんが客席にいらしたフランク・ワイルドホーンさんを呼びこんで、フランクさんも壇上からご挨拶するというオマケもありました♪フランクさんのご挨拶を見守る幹二さんのニコニコ笑顔がロダンじゃなくていつもの幹二さんで、可愛くって、なんだかほっこりしちゃったです。
年の背で何かと慌ただしい季節だけど、やっぱり幹二さんと劇場でお会いできるのは自分のビタミンで幸せの素だなぁ~と思った昨晩でした。

0
>> スポンサード リンク<<
うるる

映画とミュージカルが大好きな、うるるのブログです。ご贔屓の俳優さんは、上質を知るミュージカル界の貴公子こと石丸幹二さん。私もコーヒーが大好きなのですが、1年に3回くらい派手にぶちまけて周囲から哀しい目をされます。自他ともに認めるおっちょこです。アイコンはふわふわ。りさんのイラストです。

マルmemo.

コメント

  1. ブルーベル より:

    こんばんわ。私は今日(金曜)マチネに言って来ました。
    先ほど帰って来て、まだ浸っています。
    あとからじわじわ来ますね。
    これからじっくりプログラム読むところです、ふふふ。

  2. うるる より:

    ブルーベルさん、いらっしゃいませ~ヾ(。´∇`
    コメントありがとうございます&お返事が遅くなってしまって、大変大変失礼いたしました><
    あとからじわじわ…とっても良くわかります!本当、反芻して噛みしめる作品ですね。もしかして、何ヵ月か後にも噛みしめてそう(笑)
    プログラムのお写真、素敵ですよね~。ずーっと眺めてたくて困っちゃいました^^

コメントをどうぞ(コメントは承認制です)