ミュージカル『ジキル&ハイド』2016〈3〉

昨日はまたまた『ジキル&ハイド』にお邪魔してきました!
休演日前ということもあるかもしれないし、開幕してから数日経って練れてきたのもあるかもしれないけど、舞台上からのキャストの皆さんとオケの皆さんの“圧”が本当に凄くて、あまりの迫力に客席で打ちのめされまくりでした。特に幹二さん。あなたの身体のどこからそんなパワーが溢れでてくるのですか?泣きたくなるくらい全身全霊。まさにジキル、ハイド、そして第三の人格を操り、彼らの人生を恐ろしいまでの集中力で演じきっていました。過去にはラウルもボチさんも、デュティユルもあったけど、これから先も幹二さんの役者人生は進化が止まることなく当たり役が増え続けてゆくんだろうな…。そのひとつがまさにこのジキハイですね。なんだか胸が熱いです。

んで、興奮醒めやらぬまま公演プログラム(これがまた珠玉の出来!)を読んでいたら、禅さんのコメントにまたまた「ぐるぐるスイッチ」押されちゃって~。うるさん大変なことになってます。誰か解説してー(笑)
これがあるからこの作品のリピート止まらないです。

とにもかくにも今公演がCD化される事が心の底から嬉しいです。東宝さん、ホリプロさん、ありがとう!