おっちょこちょいな日常をおくる、うるるの雑記ブログ。

LFJ 「熱狂の日」音楽祭2011

5月2日(月)~5日(木)、東京国際フォーラムで開催された「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2011」にお邪魔してきました。2日の夜にホールCで行われた「東日本大震災復興支援コンサート」の方は、お友達チームにちゃっかり便乗させていただき(大変お世話になりました~!)、3日~5日に展示ホールで行われた「0歳からのコンサート」の方は「朝起きれたら行こうかな~」っていう極ゆるーいスタンスで、並ぼうっていう気がちぃっともなかったんですけど(愛よりも眠気重視でホントすいません~!笑)、なんとか潜りこむことができまして、結局4日間連続でフォーラム通いとなりました。

うるは去年のLFJは行けなかったので、2年ぶりのお邪魔となりましたが、「0歳~」一昨年に比べて幹二お兄さんのスキルが格段に上がってるので目を見張りました!(あれ、なんか上からっぽい?笑)ご自身では「小さな子の扱いが不得手」っておっしゃってるけど、どうしてどうして全然大丈夫じゃないですか~?あ、マンツーマンだとギコギコしちゃうのかなぁ?(小さな子供を前にギコギコしてる幹二さんをちょっと見てみたい気もするけど…笑)

「音楽の絵本」を読み聞かせしてくれる優しい幹二お兄さん。音楽の世界への案内人って感じかな?お兄さんに誘われて、一緒に汽車に乗ったり、空を飛んだり、ダンスをしたり、森に行ったり、街を歩いたり、ちょっと休憩しておやつを食べたり?(笑)とっても楽しかった~!!あ、大人なのにスイマセン(笑)

お話が長すぎても飽きちゃうし、音楽が続きすぎても飽きちゃう。そこを絶妙~なさじ加減で進行されてて、今年は構成もプログラムもとっても良かったです!それに会場がホールAじゃなくて展示ホールだったのも良かったと思いました。舞台と客席の距離が近いから、幹二お兄さんの問いかけにお子ちゃまたちが答えやすいようで、「みんな空には何があると思う~?」「飛行機!」「雲!」「鳥!」とか、やりとりを聞いてるだけで微笑ましかったです。客席が開放的で薄暗くないから、お子ちゃまも自由でノビノビしてられたのかな。もしかして今後も展示ホールでいいんじゃないかなぁ~なんて思ってしまいました。こんな感じなら来年もまた参加したいな。

前後してしまいますが、「東日本大震災復興支援コンサート」の方はシックな装いで司会を務められてた幹二さん。黒のタキシードにちょっと変わった仕様のシャツ…うーん、どこかで見た記憶があったんだけど、どこでしたっけ?
途中、弦楽四重奏団のお一人の方が持ってくる楽譜を間違えて慌てて楽屋に走る、というひと幕があって(珍しい~)、「ええっと、ただいまアクシデントがありまして~(笑)」って感じで、幹二さんが状況説明に登場するシーンが。すぐその方が戻ってきたのでホッと一安心だったんですが、うる的にはもうちょっとアドリブで繋いだりする幹二さんが見たかった!(うるさんドS!笑)
幹二さんの歌は、すべてのプログラムが終わった最後で、「スマイル」を歌われました。入場時にいただいたプログラムに「スマイル」の歌詞が書いてあって、「これ、一緒に歌いましょうってことだよね?幹二さん、作詞しちゃったら大変!(笑)」って皆で心配してたんですが、そこは大丈夫でした~。思ったよりも客席から歌声がきこえてきて、嬉しそうにニコニコされてたのが印象的でした^^
仕切り直しで掲げられたキャッチフレーズは「とどけ、音楽の力。広がれ、音楽の輪」。きっと笑顔の輪も広がったんじゃないかな、と思える一夜でした。

以下、備忘録~。

icon_101_music.gif5月2日 「東日本大震災復興支援コンサート」
東京都交響楽団/小泉和裕(指揮)
J.S.バッハ:G線上のアリア(弦楽合奏)
ベートーヴェン:交響曲第6番 へ長調 op.68「田園」より第1楽章
シューベルト:「ロザムンデ」よりバレエ音楽第2番、間奏曲第3番
ブラームス:交響曲第4番 ホ短調 op.98より第1楽章
プラジャーク弦楽四重奏団
ツェムリンスキー弦楽四重奏団メンバー

ブラームス:弦楽六重奏曲第1番 変ロ長調 op.18より第1楽章
クレール・デゼール(ピアノ)
エマニュエル・シュトロッセ(ピアノ)

ブラームス:ハンガリー舞曲第4番、第5番、第8番、第6番
ヴォーチェス8
ブラームス:祭典の記念の格言 op.109
第1番 われらの父は汝に望む
第2番 強き盾にて武装する人、その城を守らば
第3番 気高き民はいずこ
ブラームス(ヴォーチェス8編曲):子守唄(5つのリート op.49より第4番)

icon_101_music.gif5月3日 「0歳からのコンサート」
東京都交響楽団/小泉和裕(指揮)
 ブラームス:ハンガリー舞曲第1番 ト短調 (オーケストラ版)
ブラームス(シュメリング編曲):ハンガリー舞曲第5番 ト短調 、
第6番 変ニ長調 (オーケストラ版)
J.シュトラウスII世:ポルカ「雷鳴と電光」、「クラップフェンの森にて」、
「狩り」、ワルツ「美しき青きドナウ」

icon_101_music.gif5月4日 「0歳からのコンサート」
ウラル・フィルハーモニー管弦楽団/ドミトリー・リス(指揮)
 ブラームス:大学祝典序曲 op.80
ブラームス:ハンガリー舞曲第4番、第5番、第6番
ブラームス:交響曲第1番より第3・第4楽章

icon_101_music.gif5月5日 「0歳からのコンサート」
モーション・トリオ(アコーディオン三重奏)

ブラームス:ハンガリー舞曲第1番、第19番、第5番、第21番
ブラームス:わが心の切なる願い(11のコラール前奏曲 op.122より 第10番)
モーション・トリオ:春の最初の日
リスト:愛の夢第3番 変ホ長調
リスト:ハンガリー狂詩曲第2番 嬰ハ短調
※全てヤヌス・ヴォイタロヴィチ(モーション・トリオ)による編曲

mono112.gif  mono111.gif  mono110.gif

いつものLFJの風景。

20110505-004.jpg 20110505-006.jpg

…そして、いつものLFJじゃない風景。

>> スポンサード リンク <<
20110505-003.jpg 20110505-009.jpg

うるも4日間、ささやかでゴメンナサイな金額ですが、募金させていただきました。

20110505-010.jpg
幹二さん2日めは黄色のバッジを胸につけてました~。もしかして他の日もつけてた?(え?笑)

20110505-007.jpg

寝ぐせ大バクハツが超可愛くって、ついついパチリ。ゴメンね。なんとなく幹二さんも起き抜けの頭はこんなんなってる気がする~(見たことないけど。笑)

20110505-008.jpg

今日は楽しい思い出ができたかな。キミが将来、音楽の大好きな大人になってたらいいなぁ。

20110505-005.jpg
来年のLFJは、施設の機能も戻って、多くの演奏家の方たちがこぞって来日される、被災地のクラシックファンの皆さんも足を運べる、文字通り「熱狂の日々」であってほしいと切に願います。

mono112.gif  mono111.gif  mono110.gif

おまけ。2日めはお天気が良かったので、皇居の周りをゆっくりぶらぶらしながら帰りました~♪

20110505-013.jpg

2羽の白鳥がノンビリすいすい泳いでました~。のどかですねぇ。

20110505-012.jpg

なんちゃってセントラルパークな気分で♪(笑)

20110505-011.jpg

もう春も終わり。色々なことがあった今年の春だったけど、やっぱり日本人にとって、春は温かくて幸せで、心待ちにする季節であってほしいと思う。笑顔の種が芽吹く春がまた訪れますように。

0
>> スポンサード リンク<<
うるる

映画とミュージカルが大好きな、うるるのブログです。ご贔屓の俳優さんは、上質を知るミュージカル界の貴公子こと石丸幹二さん。私もコーヒーが大好きなのですが、1年に3回くらい派手にぶちまけて周囲から哀しい目をされます。自他ともに認めるおっちょこです。アイコンはふわふわ。りさんのイラストです。

マルmemo.

コメントをどうぞ(コメントは承認制です)