おっちょこちょいな日常をおくる、うるるの雑記ブログ。

「エリザベート」大千穐楽メモ

, ,

土曜日は「エリザベート」の大千穐楽に行ってきました。
本当に良い大千穐楽で、「エリザ」に関わったすべての人の愛がそこかしこから伝わってくるようでした。大変遅ればせながら、キャストの皆さん、スタッフの皆さん、そして帝劇に足を運ばれた皆さん、応援部の皆さんもお疲れさまでした~。

幹二さん、3ヶ月間 本当にお疲れ様でした!!

調子を崩すことなくケガもなく、最後まで走り抜けた幹二さん。まずそれが母にとって一番の喜びです。心からの拍手を贈りたいです。(パチパチ☆)それから、この2010年の夏を、何物にも換え難い夏にしてくださったこと、本当に幸せでした。ありがとうございました~。

ラスト、あふれる想いを余すところなく、すべてお届けされましたです~!えがったよ~ヽ(;▽;)ノ!幹二さん、カーテンコールでは充実感と達成感で、とってもいい笑顔をされてましたね。何度かこみあげてくるものを決壊させないよう頑張って立て直されてた表情に、こちらまでグッときてしまいました。お兄ちゃんと村井パパが笑いで救ってくれたカンジ?

本編は、最後だからといって浮き足立つようなこともなく、スペシャルに盛っちゃうこともなく、幹二さんらしく、ひとつひとつのシーンをしっかりと演じられてたように思います。一瞬で癒されてしまう繊細な歌声がさざなみのように広がるかと思えば、ダイナミックでほとばしる情熱にノックアウトされて。何度も胸がふるえました。
無事に「最後のダンス」も別の曲にならず~、「愛と死の輪舞」「私が踊る時」「闇が広がる」、ひとつひとつが本当に素晴らしかった!あと個人的に、何人かとユニゾンってる幹二さんが大好きなんで(四季時代から)、そういうピンポイントもかみ締めるように心に刻み付けながら見ました。
それから子ルドちゃんとのシーン。ここは8月から終始一貫、うるのお気に入りシーンでした~。とろけてしまいそうなふんわりと優しい笑顔を見せてくれたかと思いきや、間違って舞台上でサーベルで突いちゃいそうな(どこの「SHOCK」?)ギリギリの緊張感、息をするのも忘れるほどでした。

ちなみに、うるはありがたいことに前方に座ってたんですが、上演直前に客電が落ちて、まず塩田さんにピンスポが当たる瞬間、塩田さんがオケの皆さんに「みんな、ありがとう。」っておっしゃったのが聞こえてきたんで、もうその瞬間で感極まっちゃって~。「ちょ、や~め~て~~~ヽ(>_<)ノ 塩田先生ゆるさーーーん!!!」ってプンスカ&ベソベソしながら見る羽目になり、オープニングの半分くらい心ここにあらずだったのだけが心残り。

では、今回も「エリザベート」マイメモリーで締め!

20101030-1.jpg

帝劇 王道の撮影ポイントで。
「幹二さんがトート役」と聞いた当初は「えーっ、絶対あの扮装してるの見たら笑う!」なんて言ってたのだけど(ゴメンね。)、実際に見たら意外とすんなり受け入れてた自分がいました。めちゃ美しい~!ただ、このポスターからは、まさかこのトート様が野獣系だとは思いもよらなかった。

>> スポンサード リンク <<
20101030-4.jpg

大千穐楽のキャスト。ラストのシシィは朝海さん。幹二さんトートと朝海さんシシィの並びは、本当にため息の出るような美しさでした~!子ルドちゃんは駿くん。結構な確率で駿くんに当たってたような気がします。そして前方列になる時は、下手がわりと多かったので、ルド様と駿くんの緞帳のすき間からのお手振りをいただいてました~。

20101030-2.jpg

ウィーンのカフェにも行ったよ!
って、帝劇内の喫茶店です。どこかで会った人には残念ながら会えませんでした。ウィンナーコーヒー(メランジェ)をオーダー。美味しかったです~。もしかしたら「モーツァルト!」の時もウィンナーコーヒーフェアやってそう?

20101030-5.jpg

記念になるようなものを1つ買おうと思ったんだけど、絞りきれなくてグッズ2つ買っちゃいました~。携帯ストラップとボールペン。正直、このストラップはうるの携帯に完全に似合わないんだけど、素敵だったので。ボールペンの方は、持ち手の部分がちゃんとした牛皮で(なんちゃってじゃなくて)刻印も入ってて、普段使いに良さそうです。

20101030-3.jpg

台風14号、関東直撃!
最後の日に台風直撃って、ちょっと幹二さんらしいな。なーんて思ったのは私だけですか?いろんな意味で、劇場に嵐を呼んだということで。

最後の日の幹二さんのトート。それが幹二さんが求めてた「答え」だったのかどうかは量りかねますが、幹二さんがこの3ヶ月間をかけて山を登ってきたとするのなら、その山頂の近くまで到達できてたらいいなぁと思います。いつかまたトート閣下にお会いできる日を期待しつつ、ひとまずは黄泉の国でゆっくり身体を休めてくださいね!

ってことで、つぎは来年までお会いできないんですね~(寂しい。)でも次作&次々作で幹二さんに会えるのを心待ちに、私もいい子で過ごします~( ´ ▽ ` )ノ☆

May your days be filled with happiness!

0
>> スポンサード リンク<<
うるる

映画とミュージカルが大好きな、うるるのブログです。ご贔屓の俳優さんは、上質を知るミュージカル界の貴公子こと石丸幹二さん。私もコーヒーが大好きなのですが、1年に3回くらい派手にぶちまけて周囲から哀しい目をされます。自他ともに認めるおっちょこです。アイコンはふわふわ。りさんのイラストです。

マルmemo.

コメント

  1. LEO より:

    うるるさんも3ヶ月お疲れ様でしたー!
    本当に私にも充実の3ヶ月。
    幹二さんのおかげでどれだけ幸せかを改めてカンジられた大千穐楽でした。
    うるるさんはウィンナーコーヒー飲まれたんですね!千秋楽の日、気になったのですがまさか行ってらしたとは~。ま、私はおそらくそれどころではない感じだったと思いますが(笑)。
    また、トートさまに会える日を、私も本っ当に心から願っています。
    あぁ、でも地方になったら・・・自分が怖い~(苦笑)

  2. うるる より:

    LEOさんもお疲れさまでした~!
    この3ヵ月は“オペラ座の怪人”ならぬ、“帝劇の怪人”だったLEOさんでしたね(^ー^)
    2010年の夏~秋は、2009年にも増して、LEOさんにとって忘れられない思い出の年になりましたね。
    ウィンナーコーヒー、駆け込みでいただきましたよん!混みこみだろうなぁ?と思って覗いたらガラガラだったんで、ひょいっと入っちゃった!(笑)きっと「モーツァルト!」の時もフェアやってる気がするんで、機会があったら落ち着いた気持ちでいかがです~?
    もし地方公演なんてことになったら、万博おばさんみたいにマンション借りるしかないですね!そしたら、うるも時々泊めてもらおうっと!!(笑)

コメントをどうぞ(コメントは承認制です)