おっちょこちょいな日常をおくる、うるるの雑記ブログ。

LFJ No.311「0歳からのコンサート」

,

LFJ「0歳からのコンサート」今日が最終日でした~。
本日は前夜祭・初日と同じくジャン=ジャック・カントロフさんの指揮のもと、シンフォニア・ヴァルソヴィアによる演奏。曲目はヴィヴァルディの「四季」から「春」と「夏」でした。そしてそして、ヴァイオリンは前夜祭でも魅了してくれたネマニャ・ラドゥロヴィチさん!いやぁ今日も素晴らしかったにゃ~!せんせぇー、うっかりCD買っちゃいそうな人がここにいまーす(笑)でも前夜祭で生ネマニャさんを見た時はカッコイイ~!!ってキャアキャアだったんだけど、今日スクリーンで冷静によーく見たら、眉毛が太くて垂れてる感じとかが、ちょっと池鉄に似てるかなぁって(いや、池鉄さまのことはワタクシ大好きですよ~)

さてさて今日の幹二さん。光沢のあるブロンズ色のジャケットに紺のシャツ、黒のパンツでした。昨日の格好を書き忘れちゃったんだけど、昨日は光沢のあるシルバーのジャケットだったんで、たぶん昨日着たのは「ニューブレイン」の記者会見の時のじゃないかなぁ?間違ってたらごめんなさいですが。
話した内容は一昨日・昨日とほぼ一緒でした。あ、でも今日は「バッハは子だくさんで、20人も子供がいたんですよ~」を抜かしちゃったかも?恒例の「○歳のおともだち~!」「は~い!」のコーナーは今日も大変盛り上がり、聞いてるこちらも癒されまくりでした。子供たちが元気いっぱい「は~い!」って手を挙げると、幹二さんもその元気な声に応えるように「は~い!どうもありがとうっ!」ってとっても嬉しそう。歌のお兄さんの仕事、カンペキに大丈夫です!(笑)

昨日は前の方だったので幹二さんが客席で見ていたのかどうかは不明なんですが、今日は24列めにいたので(21列めと22列めの間が幅広の通路になってまして、22列めより後方に関係者席が用意してあったようです)、幹二さんが客席に入ってきて目の前をすーっと駆け抜けていく姿と、演奏終わりでコソコソ去って行くコソ泥のような姿(こらこら!)にシッカリ気がついちゃいました。コソ泥っていうか、まだ演奏者に拍手してる最中だったんで、こちらの視界を遮らないように中腰になって歩いてくれてたんですよね、紳士だなぁ~。赤ちゃんを抱っこしたお父さんが中座して通路をじゃんじゃん通るのは全く気にならないくらいなのに、幹二さんが通るとアンテナがビビッと反応する自分って何だかすごいかも!(笑)
そんなこんなで、ネマニャさんの情熱的な演奏に心奪われ、幹二さんの笑顔にデレデレになり、お子ちゃまの元気もいただき、最終日の締めにふさわしく大満足なコンサートでしたっ。

>> スポンサード リンク <<

幹二さん、千穐楽の疲れも抜けぬままのクラシック・アンバサダーとしての4日間、本当にお疲れさまでした!幹二さんが司会をされなかったら、たぶん今年もこのLFJの敷居をまたがなかっただろうなぁ~。

0
>> スポンサード リンク<<
うるる

映画とミュージカルが大好きな、うるるのブログです。ご贔屓の俳優さんは、上質を知るミュージカル界の貴公子こと石丸幹二さん。私もコーヒーが大好きなのですが、1年に3回くらい派手にぶちまけて周囲から哀しい目をされます。自他ともに認めるおっちょこです。アイコンはふわふわ。りさんのイラストです。

マルmemo.