おっちょこちょいな日常をおくる、うるるの雑記ブログ。

LEOさんの「pastorale–いいカンジ」レポ

,

当ブログにいつも遊びにきてくださって、素敵なコメントをくださるLEOさんからも大阪イベントの追加レポをいただきました~。LEOさん、本当にありがとうございます!先日のmiraさんのレポ、そしてLEOさんのレポを合わせると、あーら不思議!すっかり参加したような気分ですのよ、奥様!

それでは、はじまりはじまり~。

———————————-

お茶会のレポはすでにあちこちに出てたり、miraさんレポもあるので、miraさんが書かれてないことなどをご報告しまーす。

20100321-1.jpg
(photo by LEOさん)

・お茶会会場の表示は、各披露宴の中に紛れて「石丸幹二 茶話会」となっていました。会場の中はぎっしり丸テーブルで埋まってて、テーブルには各々ウェルカムリーフレットと封筒が。封筒に自分の住所等を書いて、テーブルの回収袋に入れておく段取りになっていました(その封筒で写真が送られて来るみたいです)。

ほかに、すでにケーキとコーヒーカップが置かれてて、後藤さんのMCが始まってから選択の余地もなくコーヒーを注がれ、好きなときに食べてください、とのこと。タイミング難しくない(笑)?ケーキは、はっきり言って味を覚えていません!それどころじゃなかったから(笑)

・始まるとすぐに幹二さん登場♪ 幹二さんのマネージャーの方が元々はプロのインタビュアーさんだったということで、彼女を「今日は以前の本職に戻ってもらってインタビューしてもらいます」と幹二さん自ら紹介して始まりました。お天気の話が先にあったかもしれません。ものすごい黄砂でしたもんね。強風で飛行機もかなり欠航してたらしい、というお話も。場内の皆さんがどこから来ているのか気にして、「今日大阪以外から来られた方は?」と幹二さんが聞くとかなりの数の手が上がっていました。

>> スポンサード リンク <<

・最初は立ってご挨拶でしたが、お二人とも壇上で椅子に座ってトーク開始。下手側にマネージャーさん、上手側に幹二さん。開始直後、幹二さんはゆっくり全体を見渡して、さらに自分の背中側にもまだ席があるようだったので、ぐるりと体ごと向きを変えて見ていました。そのときにもマネージャーさんがお話を進めていたので、彼女に背中を向けた幹二さんがまるでその話をまったく聞いていないかのようになって笑いを誘っていました。「いや、向こうは見えづらいかな、と思って」と幹二さんは椅子の位置をぐっと舞台の手前にずらして、端からでも見やすいように移動してあげてました。さすが幹二さーん、と思った瞬間。

・トークの中では、こんな会話も。
「軽井沢の方にも行かれたんですよね?突然いないと思ったら…」
「そうなんですよー」
「星を見に行ってたとか」
「ちょうど綺麗に見える時期だったんで、見たくなって。車に乗るのが嫌いじゃないんで。淋しかったんです(笑)。結構遠いんですよ、東京から車で3時間くらいかかっちゃって」
と幹二さんの自然好きのお話が少し続きました。
するとそういうお話だと長くなってしまうようで「マキが入りました(笑)」と次の話題へ。

・「エリザベート」のお話では、振り付けの指導を仰ぎに行かれたそうですが、「どんな振りがあったんですか?」とのインタビューに、座ったまま右手を前に出して、手首から先を返すようにして「これだけでトートになるのよ、って(言われました)」とちょこっと振りをして見せてくれました。
カツラをフィッティングしたときは、長髪が顔にかかるのが嫌だったらしく、「女性はみなさん、あれ平気なんですか?」とご自身では右手で顔にかかる髪を振り払う仕草。「あれはそのままでいいんですね(笑)」。髪の長さは腰まであるそうで、立ち上がってこちらに背中を向けるように腰の辺りに手をやって「ここまであるんですよ」って示してくれました。透け透けの衣装のお話の時には「モザイクかけないと、なんて(笑)」と胸の辺りを隠すように手を上下に動かしてました。トートの話をしているときも、なんだかとてもワクワクして楽しみにしているような様子でした。

・「39」の話では、「最後の方でターザンになってます」と笑ってました。ターザン!?と一瞬ピンと来なかった私。あれ、ターザンのイメージだったんですか??

・クイズの辺りは、じむさんも書かれていますが、私もそれ以上は思い出せませんでした。ただ、全問終わった後は幹二さんとのじゃんけんで勝者を決める、というときに、みんなとしては普通にじゃんけんするつもりだったのに、壇上で立ち上がった幹二さんだけがなぜかチーム分けするかのようにグーパー(って言います?これ地方の呼び方だったらごめんなさい;)するつもりになってて、「じゃ、私グー出します」とか言ってて、ちょっと意味不明で可笑しかったです(笑)みんなで「ん?」となった直後に気づいて、「あ、違いますね;」って。「そしたらみんなパー出しますよね」って。

・そしてその後の質問コーナー。「みなさんのところまで行きますよ~」とにこにこの幹二さん。最初のテーブルでの質問は発声法のお話でした。二つめのテーブルでの質問は、質問者の方が幹二さんの公演を観にいくといつも雨や雷で天候が悪いらしく、「39」でも大雪の金沢に参加されていたそうで「石丸さんって雨男なんでしょうか?」ということでした(たぶん)。
「自分では晴れ男だと思ってるんですけどねー」と本気で言ってるっぽい幹二さん。
「だから共演者かスタッフの誰かが雨男なんじゃないですかねぇ」
「でも壁抜け男のときも雷でしたよ(笑)」
「あ、そっか、じゃお客様が雨女なんですね!」
みたいなやりとりがありました。質問コーナーはこのふたつで終了。

・写真撮影は終わったら退場してもいいし、席に戻ってずっと撮影してる幹二さんを見ていてもいいです、とのMCにちょっと笑いが。しかもときどき噛み噛みになる後藤さん(笑)、ちょっと会場と一緒に幹二さんまで笑ってました。
写真は20番テーブルからでした。1テーブル5~6回シャッターを押していたでしょうか。順番が来ると、幹二さんの両脇に来る人以外は適当に前後2列になります。前に6個かな?椅子があって、幹二さんはその後ろの真ん中に立ちます。私は何も考えず、適当に壇上に上がった順で前に入ってしまい、たぶん、幹二さんの前に座っちゃいました。なので、その間幹二さんまったく見えず~(涙)でも、めっちゃすぐ後ろから幹二さんの声が!!そんなシチュエーション、想像したこと

0
>> スポンサード リンク<<
うるる

映画とミュージカルが大好きな、うるるのブログです。ご贔屓の俳優さんは、上質を知るミュージカル界の貴公子こと石丸幹二さん。私もコーヒーが大好きなのですが、1年に3回くらい派手にぶちまけて周囲から哀しい目をされます。自他ともに認めるおっちょこです。アイコンはふわふわ。りさんのイラストです。

マルmemo.