おっちょこちょいな日常をおくる、うるるの雑記ブログ。

miraさんの「兵士の物語」 12/26 アフタートークレポ

,

12/26に行われた「兵士の物語」アフターレポのmiraさんバージョンです~。
改めて読ませていただくと、やっぱり私だけで楽しむにはもったいない大作。LEOさんにしろmiraさんにしろ、私はこんなに的確に素晴らしい文章を書かれる方たちに駄文を垂れ流していたのかと(ひええええぇ…)いやぁ、世間知らずって恐ろしい(苦笑)
ではでは、miraさんの素敵レポもぜひぜひお楽しみください~!miraさん、本当にありがとうございました。こちらのようなヘッポコサイトにレポをくださってとても嬉しかったです。そして突然の掲載のお願いにも快く了承くださいまして感謝しています~(感涙)

————————————————-

2009年12月26日 16:30開演 日経ホール アフタートーク

アフタートークのご報告。
司会は、もちろんおなじみ福島さん。HPでは、この日幹二さんの名前だけでしたが、白井さんも遅れて途中から参加。白井さんのお話も聞きたいと思っていた私には、うれしかったです。
幹二さんは、ジーンズに履き替え軽やかにキラキラの笑顔で登場でした。80分近く舞台に立ちっぱなしだった疲れが、微塵も感じないくらいステキすぎる笑顔でした。

まず稽古中の話。
前回のイノックの時は、2~3カ月に渡る稽古期間だったけど、今回の稽古期間は10日間しかなっかた。その分稽古のある日は、まる1日稽古していた。朝の10時頃に始まり終わったのが夜の10時だったことも。(こんなすごい舞台がたった10日間の稽古で完成してしまうことに、かなりびっくりした私です。)
稽古中、休憩時間があると15分ぐらい寝るんです。寝ることで体力も声も復活するんです。エネルギー切れみたいな状態で、ストンと1~2分で熟睡してしまう。皆さんもそういうことありませんか?と客席に問いかけてました。ただこの15分ぐらいで元気になるので、起きるとさあ始めましょうと自分がなると、まだ周りがやっと休憩し始めたところで、僕って間の悪い人間なんです。と謙遜されてました。(ファンクラブのイベントの時も、始まる前少し寝てましたというお話をしていたような気が)
福島さんによると、石丸さん白井さんの集中力はすごい。お昼を食べることがなかったと。そして普通に床の板の上に寝る石丸さんに少しびっくりしたみたいなことを話してました。

白井さんの演出について。
白井さんの演出はすごく細かい。この日も昼公演の後、兵士の感じを少し変えてみましょうということで、夜公演の兵士は少し変わっていたんですが、皆さん分かりました?と客席に問いかけ。でもその後で、昼と夜両方見ている人少ないよねと気付いたご様子。(ちなみに両方見たけど、分からなかった。残念・・・。夜の方がより理解できたけど、これは2回目だからだろうし…。)
本来の「兵士の物語」では、バレエダンサーが踊って表現しているところも、今回は白井さんがセリフを作った。幹二さんは、この場面踊れと言われたら、踊る覚悟は少ししました。と笑ってました。(幹二さんがバレエを踊る姿、全く想像つかない~。それはそれで少し見たかったかも?と思いました。)

>> スポンサード リンク <<

舞台のセットは、楽屋の設定について。
白井さんがアダム・クーパーの兵士の物語を見たときに、思いついた。この舞台の楽屋に1人石丸さんが訪れ、そこにある衣装や台本を見つけ芝居を始めたら面白そうと思い今回の設定が生まれたと白井さん。

悪魔について。
幹二さんは、悪魔は実は自分の中にある良心。そそのかしているけど、それと同時に本当にそれでいいのかと問いかけていると思う。
白井さんは、時間。時間は誰にも操れない。だから悪魔のマネキンの横に、時計を置いて、最後の場面で時計の針がグルグル回る演出にした。(意味ありげな時計だなと思って見ていたので、時計の役割が分かりすごく納得。)幹二さんは、この時計の針がグルグル回るところが見たいけど、見れなくて残念。でも後ろで針が回っている音は聞こえるんです。とのこと。

最後に。
幹二さんは、これからもいろいろな朗読作品をやっていきたい。
そして白井さんは、演出ならやりたいが、役者としてするのは、嫌。こんなにセリフがあり、今回は段取りが多く大変な作品。自分には無理。しかも次々と演出を変更する自分の演出を、役者として受けれない。そんな演出を石丸さんは嫌な顔一つせず受けてくれる。福島さんによると、演出をしている白井さんの机の上には、消しゴムのカスの山ができるそうです。
こんな文章でうるるさんに伝わるのかかなり不安ですが、憶えていることを書いてみました。自分の文書力と表現力のなさに、泣きたい気分(笑)。
とにかく全体の印象として、幹二さんは白井さんの演出をすごく信頼していて、刺激的で楽しいと思っていることが感じられるアフタートークでした。

————————————————-

これで26日のアフタートークは行ったも同然!完璧じゃないですかー?miraさん、重ね重ねもありがとうございました!

0
>> スポンサード リンク<<
うるる

映画とミュージカルが大好きな、うるるのブログです。ご贔屓の俳優さんは、上質を知るミュージカル界の貴公子こと石丸幹二さん。私もコーヒーが大好きなのですが、1年に3回くらい派手にぶちまけて周囲から哀しい目をされます。自他ともに認めるおっちょこです。アイコンはふわふわ。りさんのイラストです。

マルmemo.