おっちょこちょいな日常をおくる、うるるの雑記ブログ。

1月に観た舞台-2012

■ ボニー&クライド
(1.18、1.21/青山劇場)
Stage-120101.jpgあまりに映画の印象が鮮烈すぎて、主要キャストを知った時は正直とってもとっても心配したんですが(ごめんなさいぃ)、万里生くんとめぐちゃんが本当に素敵なカップルを作り上げてくれたことに拍手喝采!万里生くんはクライドのチャーミングな部分をちゃんと掴んでて、とっても良かった。観れば観るほど成長を感じさせてくれる俳優さんだなぁ。アジトでボニーのために歌うシーンがすっごく甘くて素敵だった~。めぐちゃんはさすがの歌唱力で、歌が始まるとついつい顔がにやけてしまいます。で、とにかく可愛い~!タイトルロールのこの2人が魅力的で、この作品に全面的に好感が持てました。ボニーとクライドがいちゃいちゃしたり歌ったりするのをずーっと観てたいな~(笑)なんて思いで観てたり。
ただ改めて、映画は1つとして無駄シーンがないスゴイ脚本なんだなぁ~って逆に気付かされたというか(つい比較してしまって本当にゴメンナサイ!)、若干もたつきが気になった印象…役者さんの無駄遣いも多かった…(苦笑)あと「世の中死んでるみたいな人ばかり、でも私たちは生きてる」とか、ボニーがセリフでペラペラ言っちゃうとかも、ちょっと残念で~。
本作のワイルドホーンさんの楽曲はかなり難易度が高そうで、たぶん素人がこれを歌おうとしたら滅茶苦茶なことになってたと思われます~。改めて実力派の歌うまさんが揃ってるキャストだなぁ…!わたし的にはボニーママを演じた池田有希子さんのシーンがせつなくて好きでした。ゾロのイネス役の時も思ったけど、池田さんって本当にキャラクターの人生の機微を表現するのが上手い。歌もちゃんと役の人物が息づいてるんですよね。ますます好きな女優さんです。
ちょこちょこ「ああ、惜しい…」と思わされた部分はあれど、再演があるならブラッシュアップ次第でもっと良くなると思うし、基本的には好きなミュージカル作品でした。

■ オーシャンズ11[宝塚 星組]
(1.22、2.4/東京宝塚劇場)

Stage-120102.jpgまさか、誘われるままフラフラ~っと付いて行ったこの作品の観劇が、2012年の「事件、事件」に発展しようとは!この時、誰が想像しえたでしょうか?(笑)原作はあまりに有名な映画「オーシャンズ11(=ジョージ・クルーニーと愉快な仲間たち)」ですが、正直ジョージ・クルーニーとブラピ様が素敵~くらいの印象しか残らないというか、中身がなぃ…^^;映画だったので、こちらは逆にストーリーを改ざんされてもぜんぜん無問題でした。むしろこっちの方が痛快度が高かったかも?あ、でも「エコプリンセス」ってなんなんだろう?(爆)ちょっとだけ、ちょーーっとだけ、小池先生とジャニさんの共通点をみたような気がします(笑)
とにかくちえ様の魅力が炸裂で、いちいちカッコイイに尽きた!立ち姿がカッコイイし、座ってもカッコイイし、「ん?何?」って感じの表情もカッコイイし、あと笑うとちょっと歯がガタってなってるとこが可愛いの…はぁ~ん≧∀≦(爆笑!)一番ハートに「ズキュン!」だったのは、1幕最後の最後で、オーシャンズのメンバー全員で去りつつ~オーシャンが振り返ってニヤッと笑うとこ!(これウルサイって言われるくらい何度も書いたね…汗)。あと、2幕の冒頭のエデンの園の蛇に扮してガンガン踊るところもキレッキレなダンスで新鮮でした~。ねねちゃんとのラブラブな感じとか、これまた2人の並びが可愛くて困り果てちゃうんですよね。ベネディクト役を演じた紅さまもアンディ・ガルシアを意識しつつの、クールな悪役が印象的でした~。私は新参者でフムフムと聞いてばかりだったのですが、この公演で未沙のえるさんが引退されるということと、組長さんが専科に移られるということもあって、星組の熱量の高さと一致団結っぷりがドドーン!と客席に届いてきたのかな。とにかく私の中の壁のような何かがパリーンと割れちゃったくらいw熱くて、カッコ良くて、しびれました。皆さんコレを私に勧めてくださってありがとうございます!(笑)

>> スポンサード リンク <<

■ ラ・カージュ・オ・フォール
(1.24/日生劇場)

Stage-120103.jpgボケボケしててチケットの券面をちゃんと見てなかったのですが(知り合いに取っていただいたのでした)、行ってみたらまさかの最前列&通路横(!)ニイロさんの脚線美をかぶりつきで心ゆくまで堪能させていただきました~。はい、女としての負けは素直に認めます…ううう(涙)
文句なく楽しく、気持ちよく劇場を後にできる作品!市村ザザがとっても可愛くてキュンキュンしちゃいました。そしてあのいっちゃんのオーラは何なんでしょうね!マジメにキラキラオーラが見えるんですけど~。鹿賀ジョルジュも絶好調で、2人のシーンは本当にひたひたと心が温かくなる時間でした。個人的にはジャクリーヌ役を演じられた香寿たつきさんが艶やかで女っぷりが良く、とても素敵でした。こないだのソロコンでも思ったけど、あと10年したら幹二さんザザどうですか~?ちょっと観てみたいです( *´艸`)

0
>> スポンサード リンク<<
うるる

映画とミュージカルが大好きな、うるるのブログです。ご贔屓の俳優さんは、上質を知るミュージカル界の貴公子こと石丸幹二さん。私もコーヒーが大好きなのですが、1年に3回くらい派手にぶちまけて周囲から哀しい目をされます。自他ともに認めるおっちょこです。アイコンはふわふわ。りさんのイラストです。

stage

コメントをどうぞ(コメントは承認制です)