おっちょこちょいな日常をおくる、うるるの雑記ブログ。

劇団四季 『オペラ座の怪人』

行って来ました、初めての新名古屋ミュージカル劇場!久しぶりの「オペラ座の怪人」鑑賞です。しかも片手で数えられるくらい前の方の席でした(笑)

いやぁ、もう素晴らしかったよ~~。
初日でも千秋楽でもなんでもない、ごくありふれた平日のソワレだけどラウル様ばりに「ブラボー!」って立って拍手しようかと思っちゃったくらいです。1人で立つのはすごい勇気がいるのでシャイシャイガールの私は実行出来ませんでしたが、それくらいの勢いで拍手は送ってきたつもり。気持ち、届いたかなぁ?

正直、もうひととおり感動しつくしたような気もするし、自分の中では久しぶりにファントムに会いにいけて嬉しい~♪くらいのスタンスでしたが、とんでもなかったです~。新たな感動をいただきました。やっぱり観れば観るほどこの作品奥深い!子供の頃に読んだ本を大人になって読み返してみると全く感じ方が違うっていうけどホントだね。って、初めて観た時もそれなりに大人だったわけですが…あはは(笑)なんというか胸の奥の深いところをえぐりとられるんですよね。本当に良くできた作品だ~。それぞれのキャラのフレーズに着目するような見方をしたりすると、ビックリするような発見もあって。
神様、仏様、アンドリュー・ロイド=ウェバー様!こんなに素晴らしい作品をこの世に生み出してくださって本当に本当にありがとうございましたと、しみじみ思ううるでした。

そして作品もさることながら、素晴らしかったのは役者さんの熱を帯びた演技。本日の怪人は高井治さん。クリスティンが笠松はるちゃん。ラウルが鈴木涼太さん。高井さんはさすがの安定感で、圧倒されました~。はるちゃんクリスティンはいじましいのと、ちゃんと繊細な心の揺れが伝わってきて私は好印象でした。そして涼太さん。むっちゃ男前!ラストの乱れ髪がカッチョよいこと山のごとしですわ~。うお~ほれる~(あー、やっぱり呪縛から逃れられないのね。サガ?笑)涼太さんのラウルはすごい熱血漢なんですよね。怪人に対する挑発ぶりがカッコイイ。あとボックス席からクリスティンを見てる瞳がすんごいキラッキラッしてて、これ以上行き過ぎるとストーカーになりそうな?ギリギリな感じが良かった(笑)初日からずいぶん経ったと思うのですが、メインの3人とっても良かったっす。

>> スポンサード リンク <<

調子にのって「チケットホルダー」をなど買ってしまいました!

20091002.jpg
なんちゃって皮製の1500円なり~お手ごろ!(笑)わざわざこれに入れてチケットを持ち歩かないだろうな~とは思ったんだけど、パッと見これほしぃ~って、気づいたらお財布出してた私なのでした~。ワンポイントのチャームが可愛いです。

12月には日本でのファントム上演回数が5000回に達するんだって。すごいなぁ。そのカウントダウンのディスプレイがロビーにあって、そのうち幹二さんは何百回演られたのかなぁ~って思いを馳せてしまったうるでした。たくさんの方がこの作品に携わり、この作品を愛して、これまで大切に大切に育ててきたんですね。四季の皆さんに心から感謝です。私も今後何度観るかわかりませんが、ずーっと宝物のようにこの作品を愛でていくんだ。

S-Phantom.jpg
0
>> スポンサード リンク<<
うるる

映画とミュージカルが大好きな、うるるのブログです。ご贔屓の俳優さんは、上質を知るミュージカル界の貴公子こと石丸幹二さん。私もコーヒーが大好きなのですが、1年に3回くらい派手にぶちまけて周囲から哀しい目をされます。自他ともに認めるおっちょこです。アイコンはふわふわ。りさんのイラストです。

stage