おっちょこちょいな日常をおくる、うるるの雑記ブログ。

題名のない音楽会 「リズムを楽しむ音楽会」2017/5/7放送

,

はわわ。ゴールデンウィークボケ?で、ぽわぽわーっとしている間に、気づけば週も後半になっちゃってました!あかんやつー!しっかり気を引き締めねば・・・ってことで、5月最初の題名〜です。今週はノリノリの軽快な曲が本当に楽しくて、録画を3度もリピートしちゃった回でした。

思わず身体が動いてしまう軽快なリズム

今週はオルケスタ・デ・ラ・ルスのメンバー、鈴木喜鏤さん、伊波淑さん、佐藤由さんがゲスト。オルケスタの曲はたまにTVで見たりFM等で聴くことがあったけど、メンバーの方お一人お一人にしっかり注目する機会がなかったので、お3方のパワーあふれる演奏力の素晴らしさにうひょー☆っとなり、明るい個性に心もポカポカになりー。ちょっとファンになっちゃいました!
思わず幹二さんも発してた「イヤ〜ッ!」の声がこれまた可愛かったなぁ。こちらまでテンションあがりましたー。

ボサノヴァ

ボサノヴァは1950年代にブラジルで生まれた、サンバから派生した音楽。アントニオ・カルロス・ジョビンジョアン・ジルベルトを中心となって生み出された音楽とのこと。代表的なリズムはサンバの2ビートから派生した8ビートが特徴(例としてイパネマの娘が流れてました♪)。

「ソウル・ボサノヴァ」で使われているのはスルドタンボリンクイーカというブラジルの楽器。クイーカの響きが超ユニークで超キュートでしたね〜。そういえばこの音、耳なじみあったあったー。あんな形状の楽器だったとはツユ知らずでした。わたしも鳴らして(擦って)みたいー。そしてスルドはサンバカーニバルで叩かれてるあの太鼓!「値段は結構するどー」とのことです(笑)

スウィング

スウィングはアフリカのリズムが西洋音楽と融合したもので、弾むように聴こえるのが特徴。東京佼成ウインドオーケストラの秋田さんのドラムでスウィングジャングルビートという2つのリズムが紹介されました。ドラムめちゃかっこいいー!東京佼成ウインドオーケストラにはフレッシャー先生(J・K・シモンズ)いないよね?ってこっそり思ったのはヒミツです(笑)

『シング・シング・シング』は、すっごい熱量がほとばしっていて、カッコ良く素晴らしい演奏で。堪能しました。この曲は、超思い出の曲で、ホントなつかしすぎて泣けたりも。ここには書けないけど(笑)、わたしには今でも胸がキュンとなるリズムでもあります。

マンボ

マンボは1940年代キューバ音楽のルンバにジャズの要素が融合したダンス音楽。再び登場したオルケスタメンバーの皆さんによって、コンガボンゴティンバレスの演奏とリズムの特徴が紹介されましたが、幹二さんがいちいち「いぇーい!」状態だったのにホッコリしちゃいました(≧∇≦)

会場がひとつになっての「テキーラ!」コール、すっごく盛り上がってましたね〜。幹二さんもちゃんと言ってたんでしょうか?(笑)。で、特筆したいのはクンバンチェロ。うるさん、この曲が大大大好きなんです〜。聴いてるだけで何かメラメラたぎりますよね?何かスピードアップしたい時のBGMに良さそう。お姑さんが自宅に来る前にお片付けする時とか(なんやそれ)

 

>> スポンサード リンク <<

番組で紹介されたボサノヴァもスウィングもマンボも、どのリズムにも血が通っていて、気づけば魔法にかかったようにとりこになってしまう、そんな響きでしたー。今週もうきうきわくわく楽しい放送でした!

 

2017/5/7放送 第2509回 リズムを楽しむ音楽会

司会:石丸幹二、松尾由美子
出演:大井剛史(指揮)、東京佼成ウインドオーケストラ

<PLAY LIST>
M1 Q.ジョーンズ作曲 「ソウル・ボサノヴァ」
♪1962年に発売されたクインシーの代表曲。1997年に映画のテーマ曲としてリバイバルヒットした
オルケスタ・デ・ラ・ルス:鈴木喜鏤、伊波淑、佐藤由
指揮:大井剛史 演奏:東京佼成ウインドオーケストラ

M2 L.プリマ作曲 岩井直溥編曲 「シング・シング・シング」
♪1936年にルイ・プリマによって作曲されたスウィング・ジャズのスタンダードナンバー。
指揮:大井剛史 演奏:東京佼成ウインドオーケストラ

M3 編曲:森村献 吹奏楽編曲:宮川成治 「マンボメドレー(「マンボNo.5」「テキーラ」「エルマンボ」「エル・クンバンチェロ」)」
♪マンボNo.5・・・1948年、キューバのペレス・プラードが発表、マンボの代表的な曲で世界的に大ヒットした。
♪テキーラ・・・1958年にチャック・リオが作曲したラテン・ダンス・スタイルの楽曲。
♪エルマンボ・・・ペレス・プラード楽団による1949年のヒット曲。「マンボNo.5」などと友に世界的マンボブームを起こした。
♪エル・クンバンチェロ・・・1943年、ラファエル・エルナンデスによって発表。世界中でヒットし、日本でも吹奏楽アレンジで大人気の曲。

オルケスタ・デ・ラ・ルス:鈴木喜鏤、伊波淑、佐藤由
指揮:大井剛史 演奏:東京佼成ウインドオーケストラ

偉人たちが残した言葉
「リズムとハーモニーは魂の奥深くまでたどり着く。」
ーープラトン


公式サイトへ

3+
>> スポンサード リンク<<
うるる

映画とミュージカルが大好きな、うるるのブログです。ご贔屓の俳優さんは、上質を知るミュージカル界の貴公子こと石丸幹二さん。私もコーヒーが大好きなのですが、1年に3回くらい派手にぶちまけて周囲から哀しい目をされます。自他ともに認めるおっちょこです。アイコンはふわふわ。りさんのイラストです。

題名のない音楽会

コメントをどうぞ(コメントは承認制です)