おっちょこちょいな日常をおくる、うるるの雑記ブログ。

題名のない音楽会 「吹奏楽ならではの音楽会」2017/4/30放送

,

今週は吹奏楽の特集でしたー。吹奏楽を聴くと心がウキウキして、パワーを貰えるので大好きです!東京佼成ウインドオーケストラといえば、昨秋 Alvamar Overtureを聴いた思い出ー♪(あっ、スカピン再演!超嬉しいですー!)
そして本日のトピックスは何と言っても幹二さんのサックスの演奏ですよね♪かっこよかったなぁー!

吹奏楽ではどんな楽器がどんな役割で使われるのか?

番組では、オーケストラと吹奏楽の違いを丁寧に紹介してくれて、とても勉強になりました。その中でも今回の放送でスポットが当てられた楽器は「クラリネット」「ユーフォニアム」「サクソフォン」の3種。

木管楽器

⇒吹奏楽ではクラリネットの人数が多く、音をまとめる要となっている。メロディを担当する。ヴァイオリンと似たような役割。
音域の高い方から順番に、
E♭管クラリネット>B♭管クラリネット>アルトクラリネット>バスクラリネット>コントラバスクラリネット
広い音域をカバーする。
クラリネットが活躍する曲「セドナ」。実は余談ですが「セドナ」は高校の頃に行ったことがありまして、まぁ高校生だからほんの4〜5年前なんですが(大嘘つき)、その時は今みたいに“パワースポット”とかそういう認識がまったくなくて〜。いまだったら、もっと神聖な気持ちで訪れただろうに、ただただ楽しく観光してきちゃったんですよね〜。当時パワーを貰えたのかどうかは謎なんですが、いいこといっぱいある人生なので貰ったことにしておこう♪

金管楽器

⇒オーケストラではほとんど登場しないユーフォニアム。ふくよかな響きのする楽器で重要な役割を担っている。
①低音をカバーし 豊かにする。(ユーフォニアム+チューバ)
②中音域のメロディを奏でる。(ユーフォニアム+チューバ+トロンボーン)
③金管楽器の響きに厚みを出す。(ユーフォニアム+トロンボーン)

ユーフォニアムが活躍する曲「吹奏楽のための第2組曲」より第1楽章「行進曲」。海の歌『スウォンシー・タウン』、恋人が再会する歌『クローディ・バンクス』、民族舞踏の一種『モリス・ダンス』が引用された曲とのことで、全体的にとてもダイナミックで雄大なイメージでした。

木管楽器と金管楽器の音をつなぐ楽器

サクソフォンはリードを使い音を出すので木管楽器に属する。華やかで大きな音色が特徴。
音域の高い方から順番に、
ソプラノサクソフォン>アルトサクソフォン>テナーサクソフォン>バリトンサクソフォン
最後は吹奏楽の魅力が詰まった大人気曲「宝島」特別ヴァージョンを。サックスの魅力全開でした。幹二さんがソロでサックスを演奏する姿がまた本当にカッコ良くって〜、これだけでゴハンおかわり行けます、はい(笑)。いぶし銀のプラテーロ(幹二さんは銀のサックスをこう呼んでるのでした)が、本当に美しい。音色も美しいし。あ、幹二さんも美しかったです。テンションあがりました(*’▽’*)/☆゚’・:*☆

 

>> スポンサード リンク <<

2017/4/30放送 第2508回 吹奏楽ならではの音楽会

司会:石丸幹二、松尾由美子
出演:大井剛史(指揮)、東京佼成ウインドオーケストラ

<PLAY LIST>
M1 S.ライニキー作曲 「セドナ」
♪1970年生まれのライニキーが市民バンドのために書いた曲で、中高生の吹奏楽でも人気の作品。
指揮:大井剛史 演奏:東京佼成ウインドオーケストラ

M2 G.ホルスト作曲 「吹奏楽のための第2組曲」より第1楽章「行進曲」
♪オーケストラの名曲「惑星」で有名な作曲家ホルストによる吹奏楽の名曲。聴き所は3つのイギリス民謡の展開。
指揮:大井剛史 演奏:東京佼成ウインドオーケストラ

M3 和泉宏隆作曲 真島俊夫編曲 「宝島」
♪オリジナルは1986年にTHE SQUAREが発表。吹奏楽でも人気になり、現在でも不動の人気No.1曲。
サクソフォン編曲:萩森英明 アルトサクソフォン:石丸幹二 指揮:大井剛史 演奏:東京佼成ウインドオーケストラ

偉人たちが残した言葉
「吹奏楽にはオーケストラ以上に大きな可能性が広がっている。」
ーーアルフレッド・リード


公式サイトへ

3+
>> スポンサード リンク<<
うるる

映画とミュージカルが大好きな、うるるのブログです。ご贔屓の俳優さんは、上質を知るミュージカル界の貴公子こと石丸幹二さん。私もコーヒーが大好きなのですが、1年に3回くらい派手にぶちまけて周囲から哀しい目をされます。自他ともに認めるおっちょこです。アイコンはふわふわ。りさんのイラストです。

題名のない音楽会

コメントをどうぞ(コメントは承認制です)