おっちょこちょいな日常をおくる、うるるの雑記ブログ。

daimei題名のない音楽会
題名のない音楽会 ,

題名のない音楽会 「ディズニーを支える作曲家の音楽会」2017/4/9放送

永遠に生き続けるディズニーの名曲たち

今日の放送は、みんな大好きディズニー特集!そしてゲストは“いっくん”こと山崎育三郎さん!さらには、実写版「美女と野獣」にアラン・メンケン氏が書き下ろした新曲「ひそかな夢」が初披露とのこと。わーい、それだけでテンションあがりまくりです。

うるさんも子供の頃からディズニー作品が大好き。ってか、好きすぎて大学時代ディズニーランドでキャストとして働いた経験もあり(笑)。憧れのアルバイトに就けて、幸せで楽しかったけど、とにかく物凄い数のゲスト(お客さん)を捌くのに目をグルグル回してたのが遠い思い出かな。でも、社会人になる前にディズニーのホスピタリティを叩き込まれたのは、その後の人生でも生きたなぁと感じます。人への思いやり、おもてなし。そのまさに根幹ともいえるべきものが、ディズニーから生み出されてきた数々の名作アニメーションですよね。今日は冒頭の「星に願いを」から、ワクワクドキドキが止まりませんでした。

今週のキーパーソン

今日 番組内でピックアップされていた音楽家は、ビヨンセなどの作曲を手がけることでも知られるシンガーソングライターのシーア。R&Bのヒット曲を連発する2人組のプロデュースチーム、スターゲイト。そして欠かしちゃいけないこの人、アラン・メンケン。わたしもアラン・メンケン氏の紡ぐ音が大大大好きです。

その流れで登場した、いっくん。4/21から公開の映画『美女と野獣』の日本語プレミアム吹き替え版で野獣役をつとめたということで、新曲を歌ってくれましたー。これは発表になった時から絶対に観に行かねばー!と思ってました。公開が楽しみですー。
美女と野獣 公式サイト

 

「どうも山崎さん、お久しぶりです」
育「ご無沙汰してます」
「この『美女と野獣』の吹き替えなんですが、今回 野獣役ということで、やってみていかがでした?」
育「俳優さんが演じてらっしゃって出来上がっている感情に、ピタッと(自分の)感情をのせていくという作業がものすごく難しくて。そこは苦労しました」

「今回アラン・メンケンが新しい曲を書きました。こちらは何という曲ですか?」
育「“ひそかな夢”という楽曲なんですけれども、野獣が変わった瞬間ですね。野獣の心が変わった、とっても切ない…僕はそのシーンを観ると、自分でやっておきながら泣いてしまうんですけれども。感動して」
「すごく楽しみですねー」
育「繊細なメロディなんですけれども、最後ドラマティックに流れていきます。野獣の心の変化がこの曲に表れています」
「聴き所です。皆様、どうぞご期待ください」

 

涙をポロッと零し瞳をうるませながら「ひそかな夢」を熱唱したいっくん、とても優しくも激しい歌声でしたねー。わたしの個人的な感想かもしれませんが、ミュージカル俳優さんは、歌いはじめの瞬間にパチンとスイッチが入るのが良くわかるというか。幹二さんもカズさんも、歌うというより役を生きるという感じに近いなぁと。今日のいっくんも野獣の世界に生きてました。メロディもアラン・メンケンらしい、壮大さを感じさせるものでスルメ曲になりそうな。

そういえば、うるさんのご贔屓さんは、全員ディズニーアニメに参加しているという共通点があるんですよね。こういう繋がりが、こっそり嬉しかったりします。

2017/4/9放送 第2505回 ディズニーを支える作曲家の音楽会

司会:石丸幹二、松尾由美子
出演:山崎育三郎(ミュージカル俳優)、三ツ橋敬子(指揮)、東京フィルハーモニー交響楽団(オーケストラ)

<PLAY LIST>
M1 『ディズニーテーマ曲メドレー』
・L.ハーライン作曲 ピノキオ「星に願いを」
・シーア/スターゲイト作曲 ズートピア「トライ・エヴリシング」
♪動物たちが高度な文明社会を築いた世界「ズートピア」を舞台にウサギの女の子が夢を叶える為に奮闘する姿を描いた物語。
・アラン・メンケン作曲 塔の上のラプンツェル 「輝く未来」
♪塔の上に閉じ込められてきたラプンツェルが夢を叶えるために大泥棒のフリンと旅をする冒険物語。
編曲:三宅一徳 指揮:三ツ橋敬子 演奏:東京フィルハーモニー交響楽団

M2 『美女と野獣メドレー』
・アラン・メンケン作曲 美女と野獣「メイン・テーマ」
・アラン・メンケン作曲 ティム・ライス作詞 高橋知伽江 日本語詞訳 「ひそかな夢」
♪野獣にされた王子と心優しいベルの愛の葛藤を描いた物語。「真実の愛」に気づいた野獣はベルのために別れを決意する。
編曲:三宅一徳 歌:山崎育三郎 指揮:三ツ橋敬子 演奏:東京フィルハーモニー交響楽団

M3 『主役を支える名キャラクターのテーマメドレー』
・クリストフ・ベック作曲 アナと雪の女王 「あこがれの夏」
♪オラフ:アナが旅の途中で出会う夏に憧れる不思議な雪だるま
・アル・ホフマン/マック・デイヴィット作曲 シンデレラ 「ビビディ・バビディ・ブー」
♪フェアリー・ゴッドマザー:かぼちゃを馬車に変え、シンデレラを舞踏会に送り出す魔法使いのおばあさん
・フランク・チャーチル作曲 白雪姫と7人のこびと 「ハイ・ホー」
♪7人のこびと:女王から逃げてきた白雪姫を助ける。仕事は鉱山の宝石を掘ること
編曲:萩森英明 指揮:三ツ橋敬子 演奏:東京フィルハーモニー交響楽団

偉人たちが残した言葉
「僕らは音楽の使い方の新しいパターンを作らなくちゃ。物語の中に音楽を織り込むんだよ。」
ーーウォルト・ディズニー


公式サイトへ

Category : 題名のない音楽会
うるる

映画とミュージカルが大好きな、うるるのブログです。上質を知るミュージカル界の貴公子さまに癒やされる日々。私もコーヒーが大好きなのですが、1年に3回くらい派手にぶちまけて周囲から哀しい目をされます。自他ともに認めるおっちょこです。アイコンはふわふわ。りさんのイラストです。

コメントをどうぞ(コメントは承認制です)

ブログ一覧へ戻る