『天翔ける風に』2013

梅太郎さまの歌がカッコイイ件

今日は夏至ですね~。梅雨らしい蒸し蒸しな日々が続いてますが、皆さま体調など壊していませんか?
うるは元気いっぱいシアタークリエに絶賛通い中です~!願掛けのチョコ断ちも絶賛継続中です~!時々♪がま~んできなぁぁぁ~い!って、トートさまとダンスを踊りそうな衝動にかられるのですが、何とか誘惑に耐えてます。
そんな『天翔ける風に』ですが、気がつけばもう東京はあと6公演なんですね。ホント早いなぁ…!

今回の公演はスケジュール的に絶妙だったので、仲良しのお友達をかなり捕獲できたのですが、それぞれの感想がそれぞれに面白くて、うるさんアフタートーク込みで楽しんじゃったりしてます♪ 昨夜はちゃわん姉さんにご一緒願ったので、初演のお話など伺えて目から鱗でございました。畠中さんの才谷も観たかったなぁ~(´Д⊂

それにしても、うるさん、この頃すっかり志士さんのお1人お1人が愛おしすぎてツライんですが。
二幕の中盤で梅太郎さまが歌う「走り続ける者たちへ」というめっちゃカッコイイ歌があるんですが、この歌のバックで志士さんたちが走ったり飛んだりアクロバットの大技大炸裂で、歌に負けず劣らず死ぬほどカッチョ良いんですよね~。ハッと気づくとカズさんのことを全く観てな……あ!ヾ(@ヮ@)ノ…い、いえ何でもありま…ゴホゴホあれっ夏風邪かしらなんて。

ちなみに最近のうるのマイブームは、英が歌う「幻よ」という曲なのです。この曲短くてすぐ終わっちゃうんだけど、カッコ良くってメチャたぎります~。都さんが二幕で歌う「また昇る太陽に」の歌詞とメロディもジンワリ沁みて大好きです。あ、あと、歌じゃないんだけど、おみつさんとおつばさんの殺害後、学生さんが「おみつさ~ん?」って言いながらドアをドンドンする場面あるじゃないですか、英が内側からドアを押さえてて。あそこのシーンの、♪ジャカジャジャカジャカジャジャッジャッジャン~ってヤツがすんごく好きなんだけど、着信音で配信してくれないかなぁ?タイマーの音にしたい。

この作品、観るほどに並行して進んでゆくドラマが見事に束ねられている構成に唸ってしまいます。そして、そんな人々のドラマが瑣末なことであるかのようにポイと踏みつけられて、時代の扉が大きく開かれるという結末にはっとさせられます。開けられた扉の先で、英にはどんな時代の風の音が聴こえるんだろうか。そんなことを感じたり考えたりしてます。

咲いたな梅太郎

カズさん、『天翔ける風に』の初日開幕おめでとうございます!

うるがボンヤリしてる間に、カズさんは謝先生という大海でお稽古を本当に頑張ってらして、ワカメから昆布になって、アワビになって、クエになって、スッポンになって、イナゴになって、ジュゴンになって、カモノハシになって、バンビになって、小猿になって、クララになって、寅さん(大笑い!)になって、咲いたな梅太郎さんになってました~。いやぁ、いま並べてみたら、すごい進化だったことを知りました~!
そして本日はついに立派に才谷梅太郎さんになられてましたね!こちらもおめでとうございます~!

私は『天翔ける風に』自体も初見なのですごく楽しみです。カズさんの描く才谷梅太郎はどんな梅太郎さんなのかな、カズさんみたいな太陽のような人なんじゃないかなぁ、と思ってみたり。一公演一公演、手応えを感じながら、カズさんらしく精一杯生きてほしいなぁと思います。どうぞ体調万全で、素敵なキャスト・スタッフ・関係者の皆さんともに千秋楽まで駆け抜けられますように。

カズさんの宝物がまたひとつ増える作品になりますよう、心から祈っています。私も客席の片隅から精一杯応援しています。

ミュージカル『トゥモロー・モーニング』

すべての人にとって”明日”は希望あふれる未来の一歩

昨夜の初日、クリエにお邪魔してきました。まだホンワカ幸せの余韻が胸に広がっています。すっごく楽しかったなぁ…。この作品、私とってもとっても好きです。

チラシのビジュアルのあまりのどストライクぶりにテンションが上がりまくってたから、ほんのちょっぴり不安もあったことはあったんですけど…ほら、あまり期待を高めてしまうと、場合によってはそれが裏目に出てしまうこともあるじゃないですか(笑)。でも『トゥモモ』は膨らみすぎてた期待に全然負けずに応えてくれた素敵な作品で、観終わった後の幸せ度合いがハンパなかったです。大満喫~!!大好きなキャストしか出てなくて、その皆さんがそろって歌ウマ。ソロはもとより揃って歌い出した時のワクワク感たるや。もう、もう!そして、個人的にいろんな想いがよぎって胸がドキドキ震えちゃいました。

「明日」という日を待つ2組のカップル。1組は結婚。1組は離婚。相反する境遇にある2組のカップルのそれぞれの人間模様が、彼らの想いを明かしながら、時には切なく、時にはコミカルに、そして優しく描かれています。ストーリーにちょっとした仕掛けがあるのもワクワク楽しかった。
『トゥモモ』を観ながら強く感じたのは、身近にいる人が改めて愛おしく大切な存在だと思わせてくれるような作品だなぁ、ってことでした。パートナーがいる人はもちろんパートナーがそうだし、残念ながらパートナーらしき人が存在しないらしい(え?他人事?)私みたいな人でも、家族だったり友人だったりが自分の人生に深く縁があって傍にいてくれることって、すごく素敵なことだなぁって。

出てくるジャックもキャサリンもジョンもキャットも等身大の人たち。どこか自分自身に重なる部分があって、とても共感しやすいんですよね。だから彼らのちょっとした思いや言葉がささるし、彼らを通してハッと気づかされることも多いのです。結婚のタイミングやパートナー選びって、誰もが自分の中できっちりラインを引けないまま「え、ここ?ここでいいの?」って逡巡するんだろうと思うのだけど、でもそれはやっぱり運命の歯車だったり神様が巡りあわせてくれた奇跡だったり。他の誰でもない、やっぱり「この人」なんだよね。この人で良かった。そう、あなたで良かった。同じ時代に生きて、同じ方向を見てくれて。そんな思いに至ります。

そして『トゥモロー・モーニング』というタイトルが改めて素敵なタイトルだなぁ、ってことも感じました。ただ単に登場人物たちの翌朝の運命を指すだけではなく、すべての人にとって”明日”は希望あふれる未来の一歩なんだなぁってことですよね。若い人たちにとってはもちろん、人生を重ねて酸いも甘いも経験した人にとっても「明日」はやっぱり同じように希望の未来なことには変わりない。「結婚」「離婚」が題材として扱われてはいるけど、広い意味で、誰にも平等に日々を重ねるだけのチャンスが訪れるのだなぁって思えて、なんだかぐっときました。

カズさん演じるジャックは本当にアンポンタンでした~(爆!)とはいえ、とっても素敵でした~。最初は本当に怯えた子羊みたいでヘタレ気味なのが悲哀を醸し出しててちょっとニヤニヤしちゃったけど、後半は包容力のあるところも垣間見えてキュンとなりながら見てました。その優しさとオシに弱い部分がアンポンタンの要因を作っちゃったんだな(笑)でも、カズさんが演じるからには絶対根っこはチャーミングな人物だろうなぁって思ってたんですよね。その読みは大当たりでした。
その意味では歌穂さんも聖子ちゃんも万里生くんもみんながみんなチャーミング。個人的には秘密の歌(The Secret Tango)がとっても好きでした。皆のチャーミング部分が炸裂してて、思いっきり笑っちゃったなぁ。

荻田先生の紡ぎ出される訳詞の韻の踏み方とかもすごく良いんですよね。見どころ聴きどころが満載な作品でした!気が早いけど再演して欲しいです。まだいろいろ書きたいことはあるけど、今日はここまで。またあの4人に会うのが楽しみです。

AOR Convention

鬼は~外~!福は~内~!
昨日は節分。今日は立春。一日ごとに春の足音が近づいてくるようで、ちょっと嬉しい今日この頃なうるるです、こんばんは♪
昨日、2月3日(日)のお昼は、山野楽器さんで開催されたカズさんのトークイベント(マチネ)にお邪魔してきました~。

昨年カズさん『You’ll Always Be The One For Me』というCDを発売されたんですが、今回のトークイベントはその発売を記念してのもので、CD購入者が参加対象でした。ちなみに正式なイベント名は、「COOL SOUND meets KAZUTAKA ISHII presents the AOR Convention」…ってタイトル長っ!
簡単にいうと中田利樹さん(『You’ll Always Be The One For me』の作曲者でもあります)とカズさんがみっちり「AOR」について語る「趣味の会」でした~。

私みたいなシロウトさんがマニアなお2人のお話を聞いて、果たして置いて行かれないのだろうか…?って、ちょっとビクビクしてたとこもあったんですが、そんな心配はどこへやら!このトークイベント、とーーっっても楽しかったです♪

とにかく、中田さんとカズさんの「話芸」(?)が素晴らしすぎて、大笑いの連続。まったく飽きなかったです。カズさんの面白トーク力は十分わかってたけど、中田さんもすっごく愉快な方でお話が面白すぎ!こないだの公平さんもそうだったけど、やっぱり楽しい方は楽しい方を呼ぶってことですか?類友ですか?

内容は「そもそもAORとは何ぞや?」というキホンのキのところからはじめてくださって、お2人それぞれのおススメの曲を聴きながら、その曲について解説していただく流れで、ちょっとラジオ番組の公開録音にお邪魔したみたいな雰囲気でもありました。
(イベント内でおススメしてくださった楽曲のことはカズさんのブログに詳しいのでLet’s Go☆)

分野は違うんだけど「池上彰さんのニュース解説がとてもわかりやすい!」みたいなのにとても近い感じ?上手な方が教えてくださると、わかりやすく、かつ、
どーっと興味がわいてくるんですよね。ちょいちょいカズさんが「これはミュージカルに例えたらね~」とかフォローしてくださる気配りも嬉しかったです。

うるが一番好きな曲はこれで!(昼の部ではやんなかったけど。笑)

↑ 「THE BOY FROM OZ」でヒュー様(まーくん)が歌ってました♪

カズさんは終始にっこにこで、好きな分野についてのお話をするのが嬉しそうで、本当に少年みたいで可愛かったなぁ~。カズさんが敬愛するというジノ様と中田さんに親交があるというくだりでは、「僕、いつかジノとデュエットしたいんですけど出来ますかね?」「いくら払えばいいですか?」「10万くらいでも大丈夫ですか?」って全力で迫ってて、そういうとこもホント可愛いかったです~~(私、可愛い言いすぎ?)
イベントの途中、あんまり語り過ぎたせいで「のど乾いたぁ!」って、お水を持ってきてもらって、ごくごく飲んでたのもたいそうツボでした。

イベントのシメはミニライブで、『The Best Is Yet To Come』と『You’ll Always Be The One For me』を歌われたカズさん。2曲同時に歌っちゃったのは史上初だったそうです!カズさん気持ちよさそうでしたね~。カズさんの声量だったらJamSpotではマイクいらないかも~。なんて思いつつ、綺麗な高音とキラキラなお姿にうっとりでした。2曲ともホントにいい曲だなぁ…って改めてジンワリ思いながら聴いちゃった。
で、何故か2曲とも歌終わりはコント調だったんですけど…オケが終わってもずーーっと歌い続けるカズさん。「もう終わってますよ~」って突っ込み入れる中田さん。どうしてそういうオチに持っていっちゃわないと気がすまないんですか?(いや、そんなカズさんが大好きなんですけどね!)
そういえば『You’ll Always~』を歌われる前に中田さんの作られたデモテープを聴かせていただいたのもレアで嬉しかったです。

今後の予定のお話では、カズさんがいま制作中の新CDについての意気込みをお話くださったんですが、とてもとても真摯に語ってらしたのが印象的でした。何か本当にすごいものが出来ちゃいそうな予感と期待…。「もしかしたら1回録音したものでも、気に入らなければやり直すかも」みたいなことをおっしゃってて、絶対妥協しないぞって気持ちがヒシヒシと伝わってきてグッときちゃいました。
私「たとえ俺が死んでも」という言い方が、ブログを読んだ時もすごく引っかかってしまったというか、ファン的にはお願いだからそんなこと口にしないでください…って思ってしまうんだけども、でもそのくらいの強い想いで「心血を注いで作ります」という意思表明なのかなって受けとめました。
何度か書いてると思うんですが、私カズさんのファンになってから、「私の知らないカズさんの過去」をひとつひとつ集める作業がすごく幸せだったりしてるので、CD制作についてのお話をお伺いした時、大きなプレゼントがいただけるみたいで本当に嬉しかったんですよね。カズさんの一部でもある大切な曲たちを、20周年を越えた「現在」のカズさんが歌われることにも、大きな意味がある気がします。本当にカタチになる日が待ち遠しいです。

そんなこんなで、当初はイベント時間は約1時間を予定してたそうなんですが、気づいたら「あれ?もうすぐ2時間?」みたいなことになってまして~。ワタシ的には本当に大満喫で、あっという間の2時間だったので全然無問題だったんだけど、山野楽器さんでのぶっちぎり時間延長No.1を記録しちゃったようです。

イベント終了後は当日のCD購入者対象にサイン会がありまして、サインにお名前を入れてくださると言う文句に乗せられ、うっかり(うっかり?)そちらも参加しちゃったうるでした♪

でも、これだけみっちりお話を伺ったおかげで、私もAORにもちょっぴり関心が持てました!イベント前には「サイン会のため」という動機でCDを買ったんだけど、あまりに楽しくて勉強になったので、おススメのCDも聴いてみたくなって、帰り際に追加でお買い上げしちゃいました。今後も教授のおススメをうかがいながら、ちょっとずつ学んでみたいと思います。
中田さん、カズさん、山野楽器さん、楽しいイベントをありがとうごさいました!

Two couples

今朝も寒ーーーい東京です。
会社で目の前のデスクに座ってる後輩くん、なんと一家全員そろってインフルエンザに罹ってしまったそうで。うるも身の危険を感じる今日この頃ですが、皆さん体調は大丈夫ですか?あったかくしてちゃんと加湿して、くれぐれも注意してくださいね。

ちなみにうるは、ここ数日、オサレ度外視でエスキモーみたいになっちゃってます!ダウンジャケット、マフラー、手袋、イヤーマフ、UGGのムートンブーツ。で、こっそり背中にホッカイロ。(爆笑)着ぶくれ感炸裂なことになってるんですけど、それでのこのこ日比谷にお出かけしたりして、女子としていかがなものか?

さてさて。昨日Twitterで教えていただいたんですが、「ミュージカル トゥモロー・モーニング」のチラシデザインが正式バージョンになってました~!公式サイトを開いた瞬間、キーアートがあんまり可愛いんで、思わず「かわいぃー♡」って口にでちゃいました。

じゃかじゃんっ。

tomorrowmorning_01.jpg

裏面の写真も可愛い!

tomorrowmorning_02.jpg

カズさん、紺のスーツが超お似合いだし、足長ーーーいし、とっても素敵♪歌穂さんは本当に若くてお美しいなぁ。この2人の距離感がちょっと切ないです。
逆に若者カップルはめっちゃラブラブ&ニッコニコで微笑ましい。「アリス~」以降、まりおくんのキュートぶりに拍車がかかってる気がするー。ああもう、ビジュアルだけでとってもステキな作品になりそうな予感でいっぱいです。
ってことで、さて私は何回観られるのでしょう~?4月がますます待ち遠しいです。