『ガス人間第1号』

シアタークリエで大王こと後藤ひろひとさん脚色・演出の「ガス人間第1号」を観てきました。

知る人ぞ知る、1960年に東宝特撮映画として公開された同名映画の舞台化です。
立て続けに起こった不可解な連続殺人事件を追う刑事の岡本(伊原剛志)。事件の被害者がすべて、10年前に解散したバンド、JOWKIの関係者であることがわかり、そのボーカルだったフジチヨこと藤田千代(中村中)が容疑者として捜査線上にあがる。だが、すべての犯行は、彼女を愛し歌手としての復帰を心から願う、ガス人間・橋本(高橋一生)の仕業だった…というお話。

うるは高橋一生くんが大好きなのと、おヒゲがくるりんぱな人(←後藤さん)にもちょびっと興味があったのと、ゆるーい特撮ヲタなのもあって、ものすごく軽~~い気持ちでチケットを取ったんです。「なぜ今これを舞台に?」という少々の疑念もあり、ぶっちゃけ、さほどの期待はしてなかったんですけど…

何かスゴイもん観ちゃったかもっ!?

いやぁ、大満足・大収穫の舞台でした~。1幕は笑いを織り交ぜながら状況説明~って感じで、わりと単調な印象だったんだけど、2幕めがすごかった。面白さが急加速して一度もテンションが落っこちない!ガス人間くんと歌姫のせつない愛に心を揺さぶられ、ぐいぐい吸引されて。「ああ…素晴らしい舞台じゃった」って大感動しまくりの大団円。ここで終わっても100%満足してたと思うんだけど、ラストのラストで「どっしぇーっ!」ってひっくり返るようなオチがついて、背筋をゾクゾク凍らされて終わりー。ぬおぉ~やるなぁ、おヒゲがくるりんぱな人!(笑)

「オペラ座の怪人」しかり「シザーハンズ」しかり、異形の者と美女の純愛ラブストーリーって、何故か心惹かれてしまいます。この作品も、そのセオリー通りにどっぷり純愛。そして悲恋。「ガス人間」なのに「純愛」、「ガス人間」なのに「クリエ」(←後藤さんの前説に爆笑でした。)どう考えてもミスマッチなこの世界観だけど、脚本がうまいのか演者さんがすごいのか。
一番気になってた「CGも使えないのにどうやってやるんだろう?」なガス人間の描写、うまーく袖口と首元からドライアイスの煙が出るようになってて、ちゃんとガス人間が成立してたことに拍手。そしてガス人間の怒りMAX→煙が2人の刑事を襲う!のシーンも「もう1回スローで見た~い!」って思っちゃうくらいお見事でした。今時の特効?ってすごいんだねぇ~(感心感心)

一生くんは意外と出番少なめだったかな。特に前半は「あ、出た!」と思ったら、顔からも手からもガスが噴出して、これは一生くん本人でいいんだよね~みたいな状態で(笑)でも楽器店のシーンでは、素朴な青年モードで優しい笑顔にいやされました~(はぁと)。一生くんは声がやっぱりいいなぁ。決して張って喋ってるわけではないんだけど、スッと耳に飛び込んでくる系。そしてクライマックスの演技は圧巻でしたね~。藤千代の愛を受け止めて、ただまっすぐな橋本くんがいじましくて。本当、彼はどんどんいい役者さんになってるなぁ。
刑事を演じた伊原剛志さんはほぼ出ずっぱりで、「ちゃらんぽらんで飄々としてるんだけど、実は洞察力が深くてキレ者」な役どころがピッタリ。これはあて書きかなぁ?って思っちゃうくらい。
そして存在感たっぷりだったのが中村中さん!!正直、彼女のお芝居を見たことがなかったので、椅子からズリ落ちるような演技でさえなければ…くらいの低いハードルで臨んだんだけど(先入観ごめんなさい)どうしてどうして。あの神秘的なオーラと母性!彼女の存在なくしてこの舞台は成立しなかったと思いました。あの佇まい…誰に近いかなぁって思って、そうだそうだと浮かんだのが「銀河鉄道999」のメーテル!あのカリスマ性だったら、橋本くんの心情も納得。あの存在だけで説得力大アリでした。
あと、ガス調査員を演じた山里亮太さん!山内圭哉さんのブログでも絶賛されてたけど、とってもブラボー!キモキャラがすごーくツボでした。「ケトン上昇中!」って日常会話で使ってもいいですか~?(笑)南海キャンディーズはしずちゃんもすごい達者だし、2人とも役者いけますね、スバラシス。
1コ山ちゃんのセリフで「あなたたち、異臭、異臭って言いますけどやめてもらえませんか?異臭とは未知の物質の臭いをさして言うんです、僕にとってこの臭いはすべて知ってる臭いなんですっ」っていうのがあって(正確じゃないけど)、あれいろんな意味でドキンとして印象深かったなぁ。

歌姫・藤千代の復帰のために、彼女を苦しめる人間を次々と殺してゆく橋本くん。そこには彼女の歌をこのまま死なせてはならない、もう一度聴衆の前に立たせるんだという強い思いがあって。その気持ちを痛いほどに受け止め、そして警察の罠と知りつつステージに立つ藤千代。
コンサートシーンでの中村中さんが絶唱する「焼心者」、まさに命懸けで歌ってますって感じで、鳥肌たちまくりでした。いやぁ本当にすごかった!抱き合いながらZIPPOで火をつける瞬間、2人は何を想ったのかな…。でも、2人ともきっと幸せだったんだろうな。

はじめはちょっと企画っぽいなぁ…って笑い飛ばして、「まぁネタのひとつにでも」とか思っちゃったけど、とても胸打たれた作品でした。この東宝特撮モノ、シリーズ化してもいいんじゃないんですか?「美女と液体人間」とか「マタンゴ」とか。クリエ的に「えええ~っ」かもしれないけど(笑)

S-gass.jpg

劇団四季 『オペラ座の怪人』

行って来ました、初めての新名古屋ミュージカル劇場!久しぶりの「オペラ座の怪人」鑑賞です。しかも片手で数えられるくらい前の方の席でした(笑)

いやぁ、もう素晴らしかったよ~~。
初日でも千秋楽でもなんでもない、ごくありふれた平日のソワレだけどラウル様ばりに「ブラボー!」って立って拍手しようかと思っちゃったくらいです。1人で立つのはすごい勇気がいるのでシャイシャイガールの私は実行出来ませんでしたが、それくらいの勢いで拍手は送ってきたつもり。気持ち、届いたかなぁ?

正直、もうひととおり感動しつくしたような気もするし、自分の中では久しぶりにファントムに会いにいけて嬉しい~♪くらいのスタンスでしたが、とんでもなかったです~。新たな感動をいただきました。やっぱり観れば観るほどこの作品奥深い!子供の頃に読んだ本を大人になって読み返してみると全く感じ方が違うっていうけどホントだね。って、初めて観た時もそれなりに大人だったわけですが…あはは(笑)なんというか胸の奥の深いところをえぐりとられるんですよね。本当に良くできた作品だ~。それぞれのキャラのフレーズに着目するような見方をしたりすると、ビックリするような発見もあって。
神様、仏様、アンドリュー・ロイド=ウェバー様!こんなに素晴らしい作品をこの世に生み出してくださって本当に本当にありがとうございましたと、しみじみ思ううるでした。

そして作品もさることながら、素晴らしかったのは役者さんの熱を帯びた演技。本日の怪人は高井治さん。クリスティンが笠松はるちゃん。ラウルが鈴木涼太さん。高井さんはさすがの安定感で、圧倒されました~。はるちゃんクリスティンはいじましいのと、ちゃんと繊細な心の揺れが伝わってきて私は好印象でした。そして涼太さん。むっちゃ男前!ラストの乱れ髪がカッチョよいこと山のごとしですわ~。うお~ほれる~(あー、やっぱり呪縛から逃れられないのね。サガ?笑)涼太さんのラウルはすごい熱血漢なんですよね。怪人に対する挑発ぶりがカッコイイ。あとボックス席からクリスティンを見てる瞳がすんごいキラッキラッしてて、これ以上行き過ぎるとストーカーになりそうな?ギリギリな感じが良かった(笑)初日からずいぶん経ったと思うのですが、メインの3人とっても良かったっす。

調子にのって「チケットホルダー」をなど買ってしまいました!

20091002.jpg
なんちゃって皮製の1500円なり~お手ごろ!(笑)わざわざこれに入れてチケットを持ち歩かないだろうな~とは思ったんだけど、パッと見これほしぃ~って、気づいたらお財布出してた私なのでした~。ワンポイントのチャームが可愛いです。

12月には日本でのファントム上演回数が5000回に達するんだって。すごいなぁ。そのカウントダウンのディスプレイがロビーにあって、そのうち幹二さんは何百回演られたのかなぁ~って思いを馳せてしまったうるでした。たくさんの方がこの作品に携わり、この作品を愛して、これまで大切に大切に育ててきたんですね。四季の皆さんに心から感謝です。私も今後何度観るかわかりませんが、ずーっと宝物のようにこの作品を愛でていくんだ。

S-Phantom.jpg

『スペリング・ビー』

銀河劇場で上演中の「スペリング・ビー」を観てきました。
超楽しかった~~!!この作品、大大大好きです!!
脚本も歌も、うるのストライクど真ん中でした。作詞・作曲は「ニュー・ブレイン」のウィリアム・フィン氏。炎のニュー・ブレインバンドの方も演奏されてたり。もう相性悪くないわけがありません!!(笑)可愛い曲がたくさんで、CD欲しいなぁー。

お話は、パットナム郡というところで開催されたスペリング大会に、各地区大会を勝ち抜いてきた子供たちが集い、彼らの中から優勝者が決まるまで、というシンプルなもの。でもそこに出場してる子供も子供なりに人生抱えてるんです…っていう、子供のコーラスラインといえばわかりやすいでしょうか?(ぜんぜん違います!)
最初から最後までずーっと笑いっぱなしだったけど、ラストは心がじわわわぁ~と温かくなって、幸せな空気が心地よくて自然と顔が笑顔になってました。ウィリアム・フィンさんのまなざしはいつも優しい。「大丈夫だよ。」って、背中をぽんぽんって叩いてもらった気がします。

この作品の一番のすごいとこはお客さん参加型という点。入場時に「あなたもスペリング大会に出場しませんか?」と一般出場者を募ってたんですが、申し込んだお客さんの中から選ばれた4人が舞台上に上げてもらえるのです。
これが「春のめざめ」のSSどころの騒ぎじゃなくて!もうびっくり!大会出場者という設定なので、名前も連呼されるし、マイクの前で何度も喋ることになるし、役者さんと一緒に簡単なダンスをしたり、最後まで残った方は今井さんに抱きしめられちゃったり!ちょっとしたアンサンブルさん状態です。本気で「YOU申し込んじゃいなYO!」って、オススメさせていただきますので、今後観劇の予定があって度胸のある方はぜひ出場してみてみて(笑)とはいえ、その4人だけがオイシイだけじゃなくて、客席のお客さんもちゃんと巻き込んだ演出が随所にあるので、出演者と会場が一緒になって作り上げるという作品になってました。

とにかく登場人物全員のキャラがきちんと立ってて、いちいち可愛くてブラボーなの!子供チームの、シニカルな藤井バーフェイ、「7歳児ですけどなにか?」な高田シュワージー、マジ誘拐しちゃいたいくらいに可愛い新妻オリーブ(2幕の切々とした歌声にキュンキュンだったー)、お子ちゃま炸裂な梶原リーフ、天才美少女な風花マーシー、そして坂元ジーザス!!!(大・爆・笑!)みんな生き生きしてて良かったなぁ。大人チームがこれまた最高で、ご自身でも言ってたけど、よくぞこんなにピッタリの役をキャスティングしてくれましたと!いうくらいドハマリの村井副校長と、司会をしてた安寿さん、3役やられてた今井さん、それぞれ見事に演じてらっしゃいました。それにしても安寿さんの解説がすべてアドリブとは!激しくビックリ。

うるが観た回は貸し切り公演だったんですが(すいません、潜入しちゃいました)カテコの後に全員残ってトークをしてくださったんですよ。んで何故かサカケンが司会をしてまして(笑)思いっきりカミカミのグダグダになってて、村井パパに突っ込まれてまくってた姿がなんとも可愛かったです。

本当に気持ちのいい作品、超オススメです!すご~~く幸せな気持ちにしていただいたのが嬉しくて、ロビーで募ってた募金箱に手持ちの小銭をぜんぶ入れてきちゃったうるでした~(笑)

S-spellingbee.jpg

劇団四季 『ソング&ダンス 55STEPS』

「劇団四季ソング&ダンス 55ステップス」に行ってきました~!

どうしよう、

キヨミチと握手しちゃった~!!!@満面の微笑つき

いやぁびっくらこいた~(笑)
うるにとってはこれがお初でラストの「ソンダン55」だったので、キャストの皆さんが客席に降りてきてお客さんと握手するのは毎回のデフォなのかと思ってたら、どうやら違うのですね。偶然にも昨日から始まった<千秋楽特別カーテンコール>の演出らしく。

ちなみにうるは下手の通路側に座っておりました。カーテンコールでキャストの皆さんが客席に降り、思い思いにお客さんと握手を始めたのですが、キヨミチが至近距離にいるのを発見!(笑)はじめはうるとは逆方向を攻めてたんですが、一段落ついたとこでクルッと振り返られたんで、「芝さ~ん」って手を延ばしたら、気づいてくれてニッコリ笑顔で握手してくれました。う、嬉しぃ~。まさか芝ファントムを見て一瞬「人さらいのおじさんキタワァ~!!」って思ったなんてことは口が裂けても言えませんのことよ(し~っ!)
そのほか加藤久美子さん(色っぺ~)が後方からいらしたのでハイタッチ、つづいて前田さん(瞳キラキラ)がいらしたから握手~と、まさかのサプライズに大興奮でした。

ちなみに特別カーテンコールの内容は握手のほかにも、出演者1人1人がマイクを持ってコメントあり、全員で「ウィッスル・ダウン・ザ・ウインド」の「天国への扉」(Vaults of Heaven)を歌ったり。それぞれのコメントは皆さんの熱い思いが伝わってきてキュンとなり、歌も良かったし、なんだか胸にジーンと響いちゃって感動したなぁ。あと入場時にポートレートが載ったリーフレットをいただき、帰りには手書きのコメントが載ったリーフレットをいただき…まさしくビー・アワ・ゲストなもてなされっぷり。こんなにいたれりつくせりなのに何にも出ないけど大丈夫かしらん~。せめてもの気持ちで、ありったけの拍手を送ってきました!

で、イベントだけでなく肝心の本編ですよ!これまた素晴らしくても~1場面1場面、完成度高っ!それぞれのナンバーを大切に丁寧に真摯に取り組まれてる皆さんを観て、つくづくプロだなぁ~と頭が下がる思いでした。そしておなじみのナンバーをきくと胸がワクワクして 「ああやっぱりワタシ劇団四季が大好きだー!」って心の中で連呼してる自分がそこに。私に初めてミュージカルの楽しさを教えてくれたのは四季で、これは何があっても揺るぎないんだなぁ…なんて改めて思いました。ちょっと原点に立ちかえらせてくれたというか。
こんなノーテンキなうるでも去年あたりは「なんか気持ち的に浜松町から足が遠のくなぁ…」なんて少々グズグズしてた部分があったんだけど(苦笑)これからは開き直って、もっとミュージカルを楽しもう!と思わされました。おっと、ここにもちょっとしたチェンジが?たぶん幹二さんがスタジオパークできちんと四季についての思いを答えて、スパッと前を向いて新しい道を歩きはじめたこともあるし、うる自身で勝手に溜めこんでたストレスから解放されたことが大きいような気もします。はからずも、この時期にこの作品を観られたことって重要な節目になったかもしれないなぁ~。

千秋楽が決まったから「やばーい、観ておかないと!」と思って、慌ててバタバタと自分と親友ちゃんの都合のいい日のチケットを取ったソンダンでしたが、ラッキーな目にも遭って、幸せいっぱいお腹いっぱいで、心から楽しめて大満足でした。WBCのイチローじゃないけど、最後に美味しいとこどりみたいなカンジかな?とにもかくにも、拍手喝采&ごちそうさまでしたッ!

S-55steps.jpg

 

劇団四季 『ウェストサイド物語』(2007年)

記念すべき涼太トニーのデビューを見守りました

1950年代後半、ニューヨーク。移民や低所得者たちの町・ウエストサイドでは、貧困と差別の中、若者たちが縄張り争いに明け暮れる荒廃した日々を送っていた。欧州系移民の若者で構成されるギャング「ジェット団」のリーダー・リフは、争いに終止符を打とうと、プエルトリコ系移民のギャング「シャーク団」に決闘を申し込む決意をする。命運を賭ける舞台は、中立地帯であるダンスパーティー会場。リフはそこにかつての盟友・トニーを呼び出す。今ではギャングから足を洗い、ドラッグストアで実直に働きながら将来に夢を馳せる青年トニー。一方、シャーク団のリーダー・ベルナルドは、腹心のチノと結婚させるため、プエルトリコから妹のマリアを呼び寄せたばかりだった。兄の思惑を知らないマリアは、アメリカで初めて経験するダンスパーティーに心を躍らせる。

 

劇団四季の「ウェストサイド物語」を観てきました。
いやぁ~~初日からまだそんなに経ってないのであっくんトニーと思いきや、図らずも記念すべき涼太トニーのデビューを見守ることに!(笑)

なんかもう、私が舞台に出てるわけじゃないのに、めちゃめちゃ緊張して肩凝りました~。特に一幕はかなり緊張した~。思えば、幹二さんがトニーをされた時も、大変手に汗握って観てた気がする(デジャヴ!)
でも、いい意味で人にだまされそうな純朴さがにじみでてて、たいそう素敵なトニーだったと思われ。ちょっとおバカさんで可愛いかったです。

他キャストは加藤敬二ナルド、松島リフ、樋口アニタ、といううる的に最強の布陣!マリア役は笠松はるちゃん、私初めて見ました。やっぱりマリア役はこういう可憐な雰囲気の娘さんが正解だなぁ~(あっ、あの時の女優さん自体は大好きですよ。)みんなそれぞれにキャラがハマっててヤバイくらいいい、歌も素晴らしい~。お金と体力に余裕があったらもう一回見たいなぁ。

それにしてもカトナルドさんが、「先生!街の不良の中に組幹部が混じってます!」と大評判だったので、めちゃめちゃ楽しみにしてまして。最初出てきた時そうでもなくて「え~、全然幹部じゃないじゃんか~」と思ったんですが、ダンスパーティーの服に着替えて出てきた瞬間、思わず、
幹部キターッ!!
と、心の中で喝采を送ってしまったうるさんでした(笑)

敬二さんのダンス、キレまくりでやっぱすごいっ!敬二さんを見てたら、まーくんなんてあと10年はバリバリ踊るミュージカルできるじゃんっ!!と自信持ちまくりです。

帰りに親友ちゃんとお茶しながら、ジャニっこ版WSSの何がダメだったかという話になり(←なんだかんだで少年隊さん版と嵐くん版で5~6回見た私。)一番ダメだったのは、ペラッペラのサテン地のスカジャンがだめだよね!っていう結論に(そこ?)。

思えば「急げ若者」「Let’s Fight」などなど、どうしてもアレをやりたいんだよね、パパは(笑)ペラッペラのサテン地のスカジャンを着た少年たちのダンスバトル、それはそれでジャニーズの伝統芸として楽しいんだけど♪(←結局楽しんでる人)