Girls’ talk

ドクトルぴっぽっぽさんのお見立てによると、うるの眠り病は、暑い現実世界と黄泉の国を行ったり来たりしてたからのもようです!「あの病気」じゃなくてよかった!!(げせわげせわ!)

ちょっと日が過ぎてしまいましたが、先週の土曜日、またまた親友ちゃんを誘って帝劇へお邪魔してきました。
カテコの子ルドちゃん(たしか駿くん)のお手振りの破壊力に、うるるを含む周辺のお客さんたち壊滅状態でした。子ルド爆弾おそるべし!もう「ばいばーい、ばいばーーーい♪」って超カワユスなんだもの。親友ちゃんと「連れて帰る~!」って意気投合しちゃいました。ふふっ(怖!)

この日、はじめましてこんにちはだった、伊礼ルドルフくん、春風ルドヴィカさん。
伊礼くんは本当にイケメンさんですね。若さゆえ、一度こう!と思ったら周囲が見えなくなっちゃう視野の狭さ、頑固さを持つルドルフくんをみずみずしく演じていた伊礼くん。キャストが変わるとまた見慣れたシーンがガラリと違って映りました。
春風さんは、そのお名前のようにポカポカの風が吹くような歌声と演技で、さすが芸達者だなぁという印象でした。乙女のまんま大人になったようなあの雰囲気、シシィの姉ヘレネと似たもの母娘って感じ!

幹二さん。
相変わらずアクセル全開で攻めてました。「死」なのに、誰よりも生命力にあふれてるんじゃね?くらいの勢いです(笑)。いいんです、いいんです。そんなトート様がとても愛おしいのです。
全身全霊、楽器をかき鳴らすかのように歌われてた幹二さん。その楽器はただ綺麗な音色を奏でるだけじゃなくて、時には地響きのようでもあり、打楽器のようでもあり。その迫力に圧倒されます。かと思えば、染み入るような癒しのミストを拡散させたりと変幻自在。うーん、こういう感想って石丸幹二ファンとして適切じゃないかもしれないんですが、とにかく面白いの一言!!!(まぁ、うるは石丸ファンとしては傍流なんで、いいよね?)

どこか一筋縄ではくくれない、無比なる魅力を持つ石丸トート。あの突き抜けちゃってる感が見ててクセになってしまっています。最初はファントムなテイなのかな~って思ってたけど、どこか野獣も入ってきたような…!(笑)時には宝塚の男役のようでもあり、歌舞伎の女形のようでもあり。男性的な粗暴な部分と女性的な狡猾な部分が混在してるって、マジンガーZのあしゅら男爵みたい?はっ、しまった!chawanさんくらいにしか通じねー(←ピンポイントでお届けします!)
先日みっしーさんが書かれてた「トート=裏フランツ」説。その解釈がとても腑に落ちて、ぽんぽん膝を叩いたのですが、その裏フランツな部分と、幹二さんがインタビューで何度かおっしゃってた「トート=シシィの心の中のもうひとりの自分」の部分が、ほどよく内包されて、そういう印象になるのかな。ただ、それが計算じゃなくて情熱のままに吹き出してくるのが面白いところだな~って思ったり。

土曜日はラストのラストを大切に丁寧に歌われてて、ああとってもいいなぁ~って思いました。その前の悪夢のところでテンションMAXになるから、「自分もシシィも、お疲れ~!」(そんな愉快な感じではないけど。)ってなりがちなんだけど、最後までふわーっと誘われて、ああすごい壮大な黄泉への旅だったなぁ…って感じで、ぐぐっと物語がしまりました。
そして私はやっぱり子ルドちゃんとのシーンがとってもお気に入り。

観劇後のごはんが相当有意義でした。親友ちゃんは音楽学校を出てるので、うるの5倍くらいハードルが高くて(読んでたらごめん!笑)エリザという演目が好きな上で、手厳しい意見も飛び出したりして。(差しさわりがあるといけないので、ここには書けませんが~。笑)あと、なにげにツッコミどころ満載なんですよね、じつは。私、ベタ誉めだけじゃない意見を聞くのが嫌いじゃなかったりして。同調したりフォローしたり、お腹抱えて笑ったり。そうやって語るべきことが多いのもエリザならではなんだろうな、って思いました。
作品のことを語ってて私たちが共通して思っていたのは、トートにしてもフランツにしても、2人があんなに激しく狂おしいほどに求れば求めるほど、もう一つシシィという人物に説得力が欲しいよね、ってことでした。お客さんが優しい気持ちで補完してあげてる部分もある気がして。それって脚本レベルにまで遡っちゃう話なんですけどね。まぁ最終結論としては、ヤツら女を見る目ないよね、男子ってほんっと馬鹿だよね、とガールズトークで盛り上がる女子2人でありました~(笑)

ニヤリ。

1日おきに帝劇詣で3連チャンのラスト。
今日も素晴らしい舞台でしたー!!

1幕めでちょこちょこアクシデンツがあったんだけど、みなさんの集中が途切れることなく、きっちり幕を下ろした感じ。最後は拍手ブラボー大喝采で、もしかしたら関係者の方だったのかもだけど、客席のテンションがいつもとちょっこし違う感じでした(笑)

幹二さんは、日曜日、火曜日と、リミッター振り切って、ベッテルみたいな走りをしてたんだけど(F1に例えてしもた~。わかりずらくてゴメンナサーイ!)、今日はギリギリのところを狙ってコントロールされてたような気がします。
見るごとに、足し算したり、掛け算したり、引き算したり。粘ったり唸ったり。幹二さん自身、その日ごとに生まれる化学変化を楽しまれてる感じ。いろんな引き出しをのぞかせてくださって、客席でわくわくしてる自分がいます。本当に舞台は生ものだなぁって思わされます。

今日はルドくんが自殺した直後の、トート様のニヤリ顔がヤバかったー!
うっかり石丸トートに堕ちそうでした。

あっ…ゴメンナサイ!とっくに堕ちてましたぁ~(なにをいまさら?笑)

うるが次回帝劇にお邪魔する時は、ルド役はもう伊礼くんなので、今日は万里生くんにたくさん拍手してきました。万里生くんのルドルフは、青く硬く未熟で、虚勢を張っててもどこか頼りなく、彼本来がもともと持ってる「いいとこのおぼっちゃま」な雰囲気にハマってて、好きでした。万里生くんと幹二さんの「闇広」とってもとっても良かった~。あと4公演、悔いなく頑張ってくださいね!

そうそう、お席の位置のせいか、今日はなんだかやけに禅さんフランツと目が合ってしまったような~(もちろん妄想)。本当に禅さんフランツが訪問販売の人だったら、確実に扉をあけてしまってキケン!って、ますます痛感した今宵でした(笑)

『エリザベート』2010 祐さまver.

書きそびれてしまいましたが、先週、祐さまトートを拝見しました。
これで3人のトート、2人のシシィ、2人のゾフィーを網羅!

祐さま、たいそうキビキビしておられたヽ(´▽`)ノ
(え、そこ?)

山口トートはさすがの貫禄で、威圧感たっぷり。
あの歌声が、心の隙間にぞわぞわ~っと忍び寄って来るんですよね。
胸の奥がざわつき、暗い世界へ引きずり込まれてゆく感。えも知れぬ怖さを感じました。

かと思えばカテコでは、他の人たちは優雅に手を振ってるのに、祐さま1人、ぶん、ぶん、ぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんっっ!!!!ってめっちゃニコニコしながら手を振ってて。子供か!(笑)
客席もドワッと笑ってましたけど、それがすこぶる可愛くって。
そこら辺にいた奥様たちのハートをわっさー掴んで去っていかれました。なんだあの人!愛らしすぎる!(笑)

そんなお茶目すぎる祐さま♪ですが、祐さまが道を切り拓いて、10年もの間、東宝エリザを守り続けてくださったからこそ(もちろん、他トート役者さまたちや、一路さん涼風さんほか、立役者はたくさんいらっしゃいますが)、今回の幹二さんのチャレンジがあるんだと思うと、深い感謝の気持ちしか見当たらないのです。ラウルの時からずっと、良き先輩な祐さま。これからも幹二さんの素敵なアニキでいてください!(あああ、またお母さんな発言をしてしまった!笑)

三者三様のトート。
キャラ設定も立ち振る舞いも全然違うんだけど、どのトートの解釈もトートとして間違ってないところが面白いなぁって思います。
うる的に「うおお!」と思うツボがそれぞれにあって、「みんな違ってみんないい」(ばーい金子みすず)って感じ。小池先生、演出されてて楽しかっただろうなぁ~。

「ミルク」の田代くん探しはすでにもう自己解決です。(Lさんご心配おかけしましたー!)いまはタムタムの颯爽としたダンスに「しゅてきしゅてき~≧▽≦」ってなってる段階デス♪

まぁそんなわけで、わたくし、

ますます禅さんフランツを全力で抱きしめてさしあげたくなりましたヽ(;▽;)ノ

(え、そんなオチ?)

幹二さんのことは書き始まると止まらないので、時間ある時に、ね。(はて、あるのかな?)
今週は配分まちがってチケット取っちゃったので(苦笑)通いまーす!

 

 

『エリザベート』2010 城田くんver.

ゆうべの余韻がまだ醒めやらぬまま、本日もまたまた帝劇へ。
城田トートver.を観てきました!

城田くん…カッコイイー!
RPGの美形キャラが現実に抜け出てきたような。
てか、ビジュアルはまんまセフィロスさまー!!って感じ。

城田トートは、なんだかとっても寂しげで母性本能くすぐられちゃう、キュンキュンするトートでした。
ドクトルのところ、老人の演技が上手でギャップ萌え!ラストのお姫様だっこにも萌え。

うーん、もう一回観たいかもだぞ。さーて、どうすんべ。
(そうやってどんどんハマってくわけですね。)

それにしても幹二さん1人居ないだけで、ああ、そうだったんだー!って今更のようにいろんな発見が。
いかに幹二さんだけにロックオンだったのか思い知りました。
広瀬さん、むっちゃ踊ってるやんΣヽ(゚Д゚○)ノとか。

禅さんフランツが好きすぎてたまらんばい。
「夜のボート」でいつも目をうるうるしながら歌われてるのが愛おしくて、シシィのばかー!って気分になります。

26日は祐さまトートver.を観る予定。
今週のテーマは「エリザのことをちゃんと理解しよう」でーす。

20100822.jpg

MYフリスク。ハーイ、大ばかでーす。

Kanji Day

もりだくさんの一日でした!
お昼は帝劇で「エリザベート」を観劇。
石丸トート絶好調!歌声がキュイィィィーンって鳴ってます。
お芝居はいいかんじに変態です(←変態でアタリらしいよ!)
私は子ルドちゃんとのシーンが大好き。

朝海さんシシィと寿さんゾフィーは初見でした。
朝海さんの小顔(小頭?)とスタイルの良さに驚愕。
真っ白いドレスで出てきたシーンでは、お人形さんみたいで息を呑んでしまった。
そして、いまだに「ミルク」で田代くんが探せれない私。
どこどこ?ヒントプリーズ!

夜は、指折り数えて心待ちにしてた
幹二さんのバースデー&デビュー20周年パーティー。

超・超・超・楽しすぎたー!!!
詳細レポは、素敵ブログ様に丸投げしちゃいますが(ふふふ)
受付でいただく直筆の名前入り座席カードと記念品にはじまって、ホワイエに幹二さんの使い込まれた台本やサックスくんたち、貴重な写真や資料の数々が展示されていたり、本編は20年を振り返っての楽しいトーク、歌、クイズやプレゼント企画、そして最後は1人ずつ幹二さんにお祝いカードを手渡しして握手…と、もりだくさん!

幹二さんとスタッフの皆さんが、どうしたら私たちを楽しませることができるか、アイディアを出し合って一生懸命考えてくださったんだろうなって、その気持ちがひしひしと伝わってきて、本当に嬉しかったです。
ちょいちょい段取りがすっ飛ばされたり、すごくいいところで幹二さんが歌詞を忘れちゃったり、ボケボケだったのもご愛嬌(笑)もりだくさんゆえのことなんだろうな、って思いました。
みなさまお疲れさまでした!

素敵な思い出をありがとうー!

20100821.jpg

乾杯のシャンパンも幹二さんからのプレゼントでしたー!