映画『君の名前で僕を呼んで』

映画『君の名前で僕を呼んで』を観てきました。
1983年の北イタリアを舞台に、17歳の少年エリオのひと夏の愛のはじまりからおわりまでを描いた青春ドラマ。監督はルカ・グァダニーノ、主人公のエリオ役にティモシー・シャラメ。オリヴァー役にアーミー・ハマー。

美しい北イタリアの風景と流麗なピアノの音色とともに、少年の繊細な心の揺れが丁寧に紡がれていて、何ともいえない余韻が残る映画でした。映し出される自然や街並みも美しかったけど、登場人物たちのお顔(特に、エリオとオリヴァーとママ)が綺麗で、大スクリーンでドアップになっててもいつまでも観ていられる美しさ。大事です笑。
それにしても、ティモシー・シャラメくん。少年期の不安定で揺らぎのある演技がみずみずしく。狂おしいまでに人を想う切ない表情が本当に自然だったなぁ。素晴らしい!

映画後半のエリオパパがエリオを優しく諭すシーンが秀逸でした。「心を葬ってはいけない」というセリフが印象的でした。生まれた感情をなかったことにしてしまうのは心を葬ること。映画のキモがそこに集約されていた気がします。
夏の恋は美しくて密やかで、いつかさよならすることを知っているから儚くて。一生懸命生きて、一生懸命に誰かを愛する、そのひとつひとつが人生の一ページになっていくのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。